メニュー表にある品物が、売り切れだった時の喪失感がハンパない件




こんにちは、まつりです。

自分の欲しいモノに出合って、手に入れる準備ができているのに、手に入らなかった経験をしたことがありますか?

例えば、こんな感じです。

今日のお昼ごはんは、どうしてもハンバーグが食べたい気分です。ハンバーグ以外は考えられません。

そこで、ハンバーグが美味しいカフェに行くことにしました。

カフェに入って席に座ると、店員からメニュー表を渡されます。

見るとたくさんのメニューがありますが、今日はハンバーグと決めているため、すぐにハンバーグを注文しました。

 

『ハンバーグですね。かしこまりました。』

 

注文を受けた店員は、厨房に行きます。

注文後、ますます膨れ上がるハンバーグを食べたいという気持ち。

ワクワクして待っていると、厨房から店員があなたの席に来て、こう告げました。

 

『大変申しわけございません。本日、ハンバーグは売り切れております。』

この客の立場だったら、どんな気持ちになりますか?

ガッカリしたり、悲しくなったり、もしかしたら怒る人もいるかもしれません。

『えー!メニュー表にハンバーグって書いてあるやん!』って、普通は思いますよね?

 

こんな体験を飲食店ではなく、不動産で私が体験したことを紹介しておきます。

 

物件発見1日目

2018年から某事業を実験的にやってみたいと思っていた私。(まだ動き出していないため、今は某事業としておきましょう。)

この某事業には、ハコ(建物)が必要です。このハコの条件は、いろいろありまして、私が希望するハコには、なかなか出合えませんでした。

ある日、不動産サイトで物件を検索すると、見つけてしまったのです。

『この物件、ピッタリかも!?』

すぐに不動産屋に電話をして、物件が空いていることを確認しました。

『よっしゃ!』と、声に出して、家でガッツポーズをしたと思います。ひとりで。

すると、頭の片隅に置いていた某事業のアイデアが、どんどん出てくるわけです。

この時、アドレナリン分泌しまくりで(たぶん)、出てくるアイデアを紙に鉛筆で走らせていました。

そして、某事業に関わってもらいたい友人Aにメッセンジャーで連絡。

『いい物件見つけたので、事業開始にあたって相談したい』と。
すると、『明日の夕方以降ならOK』と返信あり。

明日の夕方が早くくることを願いつつ、物件を見つけた1日目が終了。

 

物件発見2日目

一夜明けて、物件を発見して2日目。

不動産のサイトを見ると、見つけた物件はまだ掲載されています。

そのページには「過去30日のページ閲覧回数」が表示されており、その数180くらいでしょうか。

6回/日くらいで、昨日閲覧した6回はおそらく自分だけ、と思ったりしていました。

 

夕方に居酒屋で友人Aと合流して、某事業のアイデアについて秘密会議が開かれました。

情報交換も含めビール2杯くらい飲んで解散する予定だったはずです、おそらくお互いに。

ところが、資金調達や事業展開のアイデアについて話がかなり盛り上がり、17時30分に乾杯して、居酒屋を出たのは22時。

ビールを何杯飲んだかも覚えていません。(アイデアは覚えています。)

 

この時にもう一人、某事業に関わってもらいたい友人Bが来れなかったのです。

友人Bとは翌日にモーニングミーティング(朝会議です)をする予定を入れて、物件を見つけて2日目が終了。

 

物件発見3日目

物件を発見して3日目の朝。

私と友人Aは昨夜に引き続き、これに友人Bも加わり、カフェでモーニングミーティング(朝会議)です。

某事業について、友人Bに話をすると楽しそうに聞いています。

それもそのはず。この時の私は某事業を開始することを決めていたので、それが表情に出ていたのです、きっと。

髭面の私が、おそらくキラキラ輝いていたことでしょう。

よほど怪しい物件でない限り、契約すると決めていたこの日。友人A・友人Bも含めて物件を見に行こうと、その場で不動産屋に電話をする私。

私『もしもし、▽▽の物件を実際に見たいです。今日の16時に見せていただけますか?』

不動産屋『▽▽ですね、承知しました。お客様、現地に14時でよろしかったでしょうか?』

私『いえいえ、16時です。よろしくお願いします。』

不動産屋『失礼しました。それでは16時に現地でお願いします。』

電話を切った後に、『16時と14時を間違えるなんて、可愛い奴だなー。すぐに契約してやるぜ!』と心の中で思う私。

内覧の電話予約後、3人での話は続きます。

すると、契約する気満々だった▽▽物件の大家さんが友人Bの知人ということが判明しました。

これは何かのご縁!

不動産屋に会う前に、▽▽物件の情報を少しでも知りたかったため、友人Bが大家さんに電話で情報収集です。

 

目の前からいきなり物件がなくなる

友人B『もしもし、■■(大家)さん? ▽▽物件について聞きたいんですけど。』

大家さん『・・・。』

電話の向こうにいる大家さんの声は聞こえませんが、間接的にも大家さんと繋がることで、やや興奮気味の私。

「この場で契約してもいいですよ。まあ、冗談です。ふふふ。」と、この時なぜか若干上から目線な妄想をしています。

友人Bと大家さんの会話が続いていくと、友人Bの表情が曇ります。それに気付いて、嫌な予感がした私。

友人B『そうですか、もう契約されている人がいるんですか。それは残念です。』

 

ん?

 

先に契約されている人がいる?

 

不動産サイトには、掲載されていますよね?

 

冗談でしょ?

 

これは友人Aのサプライズで、先に契約しているとかのドッキリの類では?

 

そう思って、友人Aを見るとなんとも言えない苦笑い。

あ、ドッキリではない。(当たり前か。)

 

友人Bと大家さんの会話は続いています。

友人B『えー!1ヶ月前にすでに契約されていたんですね。残念。』

 

1ヶ月前?

 

ウソでしょ?

 

じゃあ、不動産サイトに掲載されている情報はまぼろしですか?

 

この後、大家さんからIKKOのモノマネで「まぼろし〜!」とか言われるんですか?

 

と、どうでもいいことが頭をよぎります。

友人Bと大家さんの電話が終わり、▽▽物件を1ヶ月前に契約している人がいることを告げられる私。

少しでも足掻きたいので、さっき電話でアポ取りした不動産屋に電話をするわけです。

私『もしもし、さっき内覧予約した▽▽物件、すでに契約されているみたいです。確認してもらえますか?』

不動産屋『えっ?そうなんですか?少々お待ち下さい。』

 

もしかしたら友人A・友人Bが、大家さん・不動産屋まで巻き込んでの大掛かりなドッキリで、「契約者がいるなんてウソですよ。」って言うかもと、自分に都合のいい妄想をしながら、返事を待ちます。

 

不動産屋『確認させていただきました。お客様のおっしゃるとおりです。大変申し訳ございません。』

って、そりゃそうだ!

 

某事業に使えそうな物件を発見して、3日目の朝。契約する気が満々の私の前から、こうして物件は消えて無くなったわけです。

その瞬間から頭の中では、ある曲のフレーズがリピートで流れてくるのです。

それでは、聞いてください。TUBEで「ガラスのメモリーズ」。

見つめているだけで、この胸いつも震えていた
今でも好きよキラキラ ガラスのメモリーズ

 

さいごに

残念ながら物件契約を、することはできませんでした。

しかし、某事業がスタートした際には、笑い話にできればいいなと思って、記事にしました。

ちなみに本案件、いつも以上にフットワーク軽く動けた要因の一つに、1冊の本との出合いが挙げられます。

¥1,140 (2019/11/20 14:58:53時点 Amazon調べ-詳細)

何か新しいことを始める時のハードルを下げてくれる感じがしました。タイトルとは違って、内容はしょぼくないので、オススメですよ。