車中泊でもキャンプでも、活躍しそうなエアーマットを発見!




こんにちは!まつり(matsuri06)です。

プライベートでも、仕事でも、寝袋を使用して寝ることがあります。
キャンプの際にテントで寝たり、車で長距離移動の際に仮眠をとったり。

眠る時間の長短に関係なく、横になって眠る時に、心地よく眠りたいんですよね。

何かいいアイテムはないものか、次の3つの条件で検索しましたよ。

  1. コンパクトに収納でき、簡単に使える。
  2. 厚みがある。
  3. 車中泊でもテント泊でも利用できる。

 

この条件を満たしてくれそうなアイテムを発見したので、早速購入。これです。

エアーマット Hikenture® テントマット キャンピングマット 枕付き クッション コンパクト 超軽量 防水 収納袋付き キャンプ アウトドア 登山

エアーマット。

実際に使ってみましたが、なかなかいいですよ。3つの条件を満たしてくれそうです。

 

1 コンパクトに収納でき、簡単に使える。

収納袋に入った状態。500mlのペットボトルの2まわりくらい大きく見えます。

が、袋が余裕を持った大きさなので、もっと小さくなります。硬い部分がないので、リュックやカバンなどには詰め込みやすいです。

 

実際に広げてみました。

大きさが分かるように、ホテルのベッドの上で。空気を入れていない状態はベッドよりも長いです。

 

空気を入れると厚みが出る分、短くなりますが、185cmありますので、身長が176cmの私には十分です。

 

空気孔は、こんな感じです。

 

 

   

蓋を開けて、空気孔から口をつけて息を吹き込んで、膨らませます。私が息を吹き込むと15回でパンパンになりました。エアーポンプは、いらないですね。

中にゴム弁があり、吹き込んだ後に風船のように空気が戻らないようにできています。子どもでも膨らませますよ。

 

使用後は、空気孔の蓋を開けて、中の空気を押し出しながらクルクル丸めるだけです。寝袋を片付けるのと同様に簡単です。

 

2 そこそこ厚みがある。

空気を入れて膨らませると、55mmの暑さがあるんですよ。頭部分は100mmと、さらに厚みがあり、まくら代わりになってくれます。

5000円以内で購入できるエアーマットで、この厚みは嬉しいです。テント泊の際に、地面の少しの凸凹を感じさせないはず。

折りたたみマットだと、この厚みはないですからね。

 

3 車中泊でもテント泊でも使用できる。

車中泊でもテント泊でもエアーマットより、心地よく眠れるアイテムはたくさんあります。

車中泊なら布団、テント泊ならコット。でも荷物になるんですよね。このエアーマットなら荷物にならないですよ。

試しに車中泊でエアーマットの寝心地を試しみました。

 

息を吹き込むだけなので、すぐに設営できました。

 

寝袋を乗せればこんな感じです。

出張中に、これで寝てみました。ぐっすり眠れましたよ。

次はテント泊で試してみます。

 

 

今回紹介したエアーマットの価格は4360円。なかなかコストパフォーマンスが高いので、テント泊用にもう1個買う予定にしていました。

他のエアーマットもついでに再度調べてみると、同程度の価格でさらに厚みがあるのを発見。

TOOGE エアーマット キャンプ テントマット キャンプマット コンパクト 厚手 車中泊 防災 来客 収納バッグ付き 補修キット付き

「厚みがあればいいってもんじゃない!」と自分に言い聞かせながらも、これも試しみたいところです。

車中泊やテント泊に限らず、子どもと外に遊びに行くときにも活躍しそうです。コンパクトなので自転車やバイクでツーリングする人にも、いいかもしれませんね。

では、素敵なアウトドアライフを!