聴く本「Audible」が無料だから試してみた。これは、おすすめのサービスかも。




まつり
こんにちは。読書は1ヶ月に10冊、まつりです。

アマゾンが提供する「聴く本」でおなじみ、「Audible(オーディブル)」。

これが1ヶ月無料で楽しめるということで、登録して1日試してみました。

『これは、いいかも!』と感じたから、「Audible」について紹介しておきます。

 

Audible(オーディブル)って何?

本は紙媒体でも、電子書籍でも、目を使って読みますよね。Audibleは、本を朗読してくれる「聴く本」オーディブックなのです。

私たちはアマゾンで本を購入する際、単行本かKindle版かを選択しています。これにAudible版が加わることになるのです。

 

料金は月額1500円(無料で30日間お試し可)

Audibleは会員登録しても、しなくても利用できるサービスです。会員登録するには月額1500円が必要。会員は毎月1コインが貰えて、1コインでAudible版の本はどれでも購入できるようです。

会員である限り会費で、毎月1冊は本を聴くことができるということですね。

登録して30日間は無料で、この間も1コイン使えます。(2018年10月2日現在)

とりあえず無料期間に、Audible を使ってインプットを楽しむことにしました。

 

Kindle版ほど種類はまだ多くありませんが、ベストセラー、ビジネス書、小説、洋書など思っていたよりバラエティに富んでいます。気になったのは、俳優・女優がナレーションしている本ですね。

また、会員は一部の有料コンテンツを無料で利用できます。

まつり
さっそく無料コンテンツでダウンロードしたのは、松本人志&高須光聖の「放送室チャンネル」。ながら聴きにピッタリ(笑)。

退会方法は簡単

無料会員期間で退会、月額1500円の価値がないから退会しようとした時に、退会手続きが分かりにくいとイヤですよね。

そこはアマゾンが提供するサービス、簡単にできます。Audibleアプリのヘルプ&サポートで手順を説明してくれていますから、それに沿うと簡単ですね。

無料期間だけ登録しておくつもりが、無料期間を過ぎても退会するのを忘れた経験ありませんか? 私はあります(笑)。

そういう方は、googleカレンダーに退会日を入力しておくといいですよ。退会する可能性のあるサービスに関して、私はそのようにしています。

 

使い方は簡単

せっかく登録したから、まだ読んでいなかったホリエモンの「多動力」を購入して、使い方を試しました。

 

聴書時のスマホ画面。

 

再生速度を0.5〜3倍速で調整することが可能です。朗読スピードを確認して、自分の聴きやすいスピードに調整できるのはいいですね。

ちなみに多動力は1倍速なら約3時間で聴くことができます。

 

章ごとに収録されていますから、目次を確認して聴きたい部分だけを楽しむことも可能です。

 

就寝前に布団に入り、読書をする人いますよね。私です(笑)。時間が経つと、通常の読書より目が疲れてくるため、最近読書時間が短くなっていました。

しかし、スリープタイマーが設定できるなら目が疲れることもないため、この機能は重宝しそうです。

 

Audibleのメリット・デメリット

とりあえず、1日使ってみて感じたメリットとデメリットを挙げておきます。

メリット

Audibleのメリットは、何かをしながら本を楽しめることですね。

読む本は、文字から目を離せないために読む行為に集中します。それ以外はできません。

しかし、聴く本Audibleなら何かをしながら本を楽しめます。例えば、料理をしながら、車の運転をしながら、ジョギングをしながらと、「ながら読書」ならぬ「ながら聴書」ができるのです。

デメリット

Audibleは音のため、お気に入りの文章やページに印を付けることができません。

聴き流すだけですから、本に付箋を貼ったり、ラインを引いて、そこを読み返す人には向かないでしょう。これはデメリットですね。

まつり
私はYouTube を音で楽しみながら、料理や車の運転を普段しています。本は読んでも、書き込むことはないため、『Audibleは、ピッタリかも。』と思い、試しに無料登録してみました。

 

さいごに

聴く本「Audible」を紹介してみました。

1ヶ月無料会員を試すことができるため、登録しています。時間と場所を問わず、インプットを楽しむ人には需要のあるサービスと感じました。

とりあえず1ヶ月間楽しみ尽くします。

まつり
Audibleを長距離運転時に試して、睡魔に襲われないかを実験してみます。