庭木の伐採(10mのヒノキ)をしましたよ。【香川県高松市】




樹上作業が得意技のひとつ、まつりです。

ツリークライミングをしていると、時々こんな相談を受けます。

『木が大きくなって困っています。伐ってもらえませんか?』

庭の木が大きくなりすぎると、素人では手がつけられません。そんな時には、プロに依頼するのが一番です。

ただ、庭木のメンテナンスを仕事にしているプロでも『高い木は危険だから、うちはしないよ。』という業者もいます。

高所作業車が使えない場所、安全に伐採・剪定することが難しいという案件が、私のところに依頼相談がきます

今回は、庭のヒノキが大きくなりすぎて困っている方から依頼を受け、伐採した事例を紹介します。

 

香川県高松市の庭木伐採依頼

作業場所は、香川県高松市の住宅地です。

 

軽車両がギリギリ通行できる道の狭い住宅地。高所作業車は入ることができません。

約40年生のヒノキが、庭でぐんぐん成長し、枝葉が茂っている部分を電話線が通っています。

 

ヒノキは成長しすぎて、ブロック塀を圧迫し一部破壊しています。このままでは、ブロック塀を破壊するのと、電話線に更に絡む恐れがあり、伐採することになりました。

 

伐採方法は難しいため、作業は慎重に。

森林の中に生えているヒノキなら、根元をチェンソーで伐って倒しますが、ここは住宅地。倒せる場所がありません。だから、ヒノキに登って、枝を少しずつ切っては下ろしていく作業から始まります。

 

電話線に絡まないよう、下のブロック塀を傷つけないように、枝を切っては少しずつ下ろしていきます。

ここから、幹の部分も庭に倒せる高さまで、短く切り下ろしていきます。

まつり
木に脚立を立てかけて作業をする人を、たまに見かけます。危険ですから止めた方がいいですよ。落下して大怪我している人、いますからね。

 

最後は、根元から切り倒して、きれいサッパリ。

ブロック塀にピッタリくっついた状態で、ヒノキは成長していました。

 

before & after。通勤・通学路にもなっている路地のため、ブロック塀が倒壊する前に作業をしておいてよかったです。

 

違う角度から、before & after。

 

伐採した庭木は処分場へ

伐採したヒノキは、庭で土に返すこともできないため、処分場行きとなります。


軽車両のハコバンに、枝葉を積み込んだため、この状態です(笑)。

今回は軽トラック約2車分、処分場に運搬しました。

まつり
幹の部分は、我が家の薪ストーブの燃料として活躍する予定です。

 

伐採・剪定の料金(費用)は、木の大きさや危険度によって算出

作業後の状態を見て、依頼主にはとても喜んでいただきました。

ところで、木の伐採や剪定の料金は、どのように算出しているのでしょう? お店で買い物する時は商品に値札が付いていますが、こういう作業には値札が付いていませんよね。

 私の場合は、次の3点を考慮して、作業料金を算出しています。

  1. 木の高さ
  2. 作業の危険度
  3. 枝葉等の処理費用

ヒノキと周辺低木の伐採含め、今回の作業料金は9万円となりました。

まつり
見積もりは、もちろん無料です。

 

さいごに

香川県高松市の庭木伐採現場を紹介しました。

本心は、木を切りたくはないのです。ただ、今回は安全を優先して伐採作業となりました。

作業現場は今回のような住宅地もあれば、森林公園や神社からも依頼相談があります。香川県および近県の方は、ご遠慮なく連絡くださいね。

まつり
子どもたちがツリークライミングできる木の剪定作業なら、料金割引制度を設けようかなと考えています。

枝打ちした「200年生のスギ」は、国の指定文化財に使われるかもしれない!?

2017.12.07

庭木(クスノキ10m)の伐採依頼を受け、作業をしました。【香川県坂出市】

2019.09.17