「キャンプに行きたいけど、行けない」キャンパーが家で楽しむ3つの過ごし方。




まつり(matsuri06)です。

コロナウィルスの感染拡大の恐れがあるため、外に遊びに行くことも自粛傾向にあります。

感染者数が一桁の香川県でさえ、そういう状況です。

しかし、SNSのタイムラインをみると、「キャンプ場は外やし、広いから大丈夫。」という考えで出かけている人もいますね。

多くの人が同じ考えで行動すると、キャンプ場には所狭しとテントが張られて、「まったく大丈夫じゃない、むしろ感染拡大するのでは?」と心配になります。

 

「キャンプに行きたいけど、行けない!」状況にある中、私はキャンプに行きたい気持ちを抑えつつ、3つのことを楽しんでいます。

 

キャンプ道具のメンテナンス

1つ目が、「キャンプ道具のメンテナンス」。

使用後にキレイにしておくことは当たり前ですが、汚れを気にしていなかったものを少しずつピカピカにしています。

 

 

キャンプに行けない鬱憤を、道具を磨き上げることで晴らすことができます(たぶん・・・)。

やりすぎると時間も使うし疲れるので、1日に1個としています。

まつり
やり出したら、止まらんきん。

 

庭で焚き火をする

2つ目が、「庭で焚き火」。

キャンプに行けない時に、庭があると便利ですね。薪ストーバーでもあるため、薪が潤沢にあるため、困りません。

薪棚、ログラック、DIY、自作

 

焚き火を楽しみながら過ごす時間が、キャンプに行けない鬱憤を晴らしてくれます。

 

庭があってよかったと思うひと時です。

まつり
庭がない人は参考にならず、申し訳ないきん。

 

料理のスキルアップをする!

最後に3つ目が、「料理のスキルアップ」。

キャンプに行けなくても、毎日食べるご飯をキャンプ飯にして楽しむことは、誰でも可能です。

 

そして、使うのはもちろんキャンプで使用する道具たち。

簡単なものでも道具が違えば、子どもも楽しんで作れます。

インスタントラーメンでも、コッフェルで作ると一味違います。たぶん・・・。

 

料理のスキルアップすることが目的なので、レシピは雑誌や漫画などで作ってみたいもの見つけています。

その中で、私がオススメしている本は「山と食欲と私」。

created by Rinker
¥517 (2020/07/12 08:45:56時点 Amazon調べ-詳細)

登山好きのOLが、毎回キャンプ道具を使ってご飯を作って「うまー!」と、満足する漫画です(笑)。

まつり
「山と食欲と私」は内容も、おもろいきん。

 

この漫画で描かれる料理が、やたら美味しそうなので参考にして時々作っています。

りんごジュースで作る「チーズフォンデュ」。

 

我が家で人気が高い「コンビーフポテト」。

 

高価な道具は必要なく、コッフェルやメスティンなど安価な道具で作れます(当たり前ですが)。

これら漫画に登場する料理レシピがまとまった本もあり、重宝しています。

 

漫画1巻とレシピ本は、Kindle Unlimited(980円/月で本が読み放題のサービス)に登録している人は読めます。

登録していない人でも、初回30日間は無料で試せるので、興味のある本を片っ端から読みあさってもいいでしょう。

まつり
とりあえず30日間無料で使えるのが嬉しいきん。

 

さいごに

「キャンプに行きたい!」という気持ちを我慢するのは辛いけど、シチュエーションを変えて楽しむなど、工夫すればいいだけです。

特に「料理のスキルアップをする!」は、日常生活に欠かせない食事と直結しているため、キャンプ好きの人は楽しめるはずです。

「山と食欲と私」以外にも、もちろん多くのレシピ本が「Kindle Unlimited」にあります。

参考にできる本で、料理レシピをたくさん試してみましょう!

 

まつり
「Kindle Unlimited」は、雑誌でも漫画でも1ヶ月で2〜3冊読めば、十分に元が取れるきん。

では、素敵なアウトドアライフを!

created by Rinker
¥517 (2020/07/12 08:45:56時点 Amazon調べ-詳細)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です