無人島に1000人集まる「瀬戸内DAYOUT」が香川のアウトドアシーンをアツくする!

スポンサードリンク

こんにちは、まつりです。

6月10日、11日の2日間、香川のアウトドアシーンをアツくする瀬戸内DAYOUT2017が開催されました。『無人島をジャックする!』と言っていたこのイベント、本当にジャックできたのか、レポートしておきます。

今年で3回目の開催。場所は香川県西部に位置する三豊市仁尾町にある大蔦島、渡船で5分で行ける無人島です!

島に到着すると、タイトルボードとスポンサーボードが迎えてくれます。

受付に行くと、長蛇の列。アクティビティ(活動)に参加する場合は、みんな一度受付に並びます。

パンフレット見ながら、参加可能なアクティビティを選びます。すごい数!いろいろありますねー。

ビーチエリアで遊ぶ!

所狭しと並んだカヤックと人。『ここは本当に無人島!?』と思うほど賑わっています。

優しい瀬戸内海に浮かび、気持ち良さそうです。

SUPでも海へGO!!

カタマランヨットも登場して、無人島周辺を遊覧。

アクティビティに参加していなくても、浜辺で水遊びして、チビッコたちは大盛り上がり。

瀬戸内DAYOUT実行委員会会長の小前ショージさん(フリークラウド)。『瀬戸内の自然を体いっぱいに感じて、思いっきり遊ぶ楽しさを伝えたい!』と、このアウトドアイベントを運営しています。

林間エリアで遊ぶ!

トレイルランニング。みんな楽しそうに無人島を駆け回っていました。夜通し走っている人もいたとか!

ツリークライミング。登っていくと、木々の隙間から瀬戸内海のキラキラがチラチラ見えていたとか。

息ぴったりで、ポースが決まっていますね。ヨガも楽しんでいます。

他にも楽しめる体験教室が盛りだくさん!

ベンガラ染めでオリジナルTシャツづくり。オシャンティなタイダイTシャツがたくさんできていましたね。

外遊びに疲れたら、整体マッサージで癒してくれるブースも!奥では手のツボを刺激して癒してくれる指ヨガ!

はだし感覚で歩いたり、走ったりすることができるワラーチづくり。その場で自分の足のサイズに合わせてビブラムソールを切って作っています。

夏本番に向けて、アロマオイルでつくる虫除けスプレーも、オシャンティな逸品。

オシャンティなキャンドル屋も登場!

割引商品オンパレードのアウトドアショップ。

おいしいもので楽しむ!

スペアリブ!

肉屋の肉!

常に来島者が長蛇の列を作っていた、ケバブ!&実行委員の小前ミツコさん(フリークラウド)。『遊びに来てくれた人たち、楽しめてるかなー?』と言われていました。前評判通り、みんな十分に楽しんでいるでしょ!

小豆島から出張カフェの「タコのまくら」のタコライスも人気!

ベイクドチーズケーキのアイスバーも暑い日にピッタリ!

2日間で無人島に1000人呼び込むアウトドアイベント

両日ともに天候に恵まれ、2日間で1000人が無人島で外遊びを満喫していました。瀬戸内海という恵まれたフィールドに加え、バラエティに富んだ出展者、サポートしてくれる地域の方々、エッジの効いた実行委員、それぞれが楽しんでいるからこそ、参加者が思いきり楽しめたんでしょうね。

見事に『無人島をジャック!』した瀬戸内DAYOUT2017。これに加え、三豊市の広報見開き4ページをジャック!

まつり
『瀬戸内DAYOUT楽しかったよ!』という声を耳にします。私も実行委員として、こんな反応があると嬉しいですね。早くも『来年も遊びに来ます!』という参加者がいましたが、瀬戸内DAYOUT2018はあるんでしょうか!?(笑)。

ちなみに、こんな大きなイベントをすると、ゴミが沢山出そうですが、そこは自然愛するメンバーが集っています。開催前、開催中、開催後にビーチクリーンアップを行っていますよ。

当日の様子、もっとたくさんの写真で見たいという方は瀬戸内DAYOUTのfacebookでどうぞ。

では、よいアウトドアライフを!

スポンサードリンク