「冷しゃぶ」の作り方は、10分で超簡単。豚肉使ってメインでもサブのおかずにもなりますよ。




まつり
こんにちは!まつり(matsuri06)です。

暑い時期の食欲、あまり湧きませんよね。長い時間キッチンにいるのが辛いこと、ないですか?

そんな時はコレ!サッと作れてボリュームもある!メインのおかずにもサラダにもなる「冷しゃぶ」です。10分で作れますよ。

では、作っていきましょう!

豚肉の冷しゃぶサラダ

材料

(1人分)
・豚肉 100g
・ブロッコリー(茹でたもの)
・ミニトマト 4個
・サニーレタス 3枚

まつり
豚肉の種類はなんでもOK。バラスライスが火の通りも早く時短料理になりますが、ちょっと高いですよね(笑)。

作り方

1 豚肉は、もも切り落としを使います。安いですからね。1枚ずつ広げて沸騰した鍋の中に入れていきます。

 

2 豚肉の全体の色が変われば、氷水の入ったボールに入れ冷やします。この間、皿に野菜を持っておきます。

 

3 豚肉を氷水から取り出し、水気をしっかり切ります。豚肉を握って水分を絞り出すのが早いですね。で、2の皿に盛り付け完成!

まつり
手っ取り早く食べるには、ごまドレッシングやポン酢をかけるのが一番。この2パターンが我が家は多いですね。

 

小麦アレルギーにも対応するレシピ

冷しゃぶにかけるポン酢。一般的な商品は、小麦が使用されています。しかし、小麦を使用していないポン酢もあるから大丈夫ですよ。

「そら豆ポン酢」。普通に美味しいです。小麦アレルギーの方が家族にいる人は、ぜひ試してくださいね。

まつり
娘が一時期、小麦と卵のアレルギーで、そら豆シリーズにお世話になりましたよ。

 

 

いかがでしたか?

作るのが超簡単な「豚肉の冷しゃぶサラダ」を紹介しました。

ボリュームをもっと出す時には、肉の量を増やし、ゆで卵を加えたりしますね。サラダで少量ずつ取り分ける時には、豚肉とレタスを千切りにして混ぜておきます。取りやすいし、ボリュームがあるようにも見えますよ。

刻んだ大葉を散らして、ポン酢をかけるのもいいですね。大葉は冷凍保存しておくと、いつでも料理に使えますよ。

大葉(青シソ)は、冷凍保存しておくと、大量にあっても問題なし!

まつり
ブロッコリーを事前に茹でておき、冷蔵庫にストックしておくのが時短につながりますね。暑い時期に我が家では、豚しゃぶサラダ&そうめんが1週間に1回は登場しますね。

ではステキな食卓を!