見つけてしまった!ソロキャンプにぴったりのクーラーボックス。

薪トートバッグは一生使える帆布の「asobito(アソビト)」が超絶おすすめ。




まつり(matsuri06)です。

キャンプの焚き火や自宅の薪ストーブで、毎年大量消費する薪。

薪を運搬するのに、みなさんは何を使っていますか。

私はホームセンターでよく見かける、コンテナを使っていました。

薪割りの際に出る、木っ端を焚き付けとして乾燥させるために重宝しています。

積み重ねて保管ができるため、便利です。

 

しかし、屋内や車内で運搬する時は、隙間から木くずがこぼれたり、コンパクトにならないため、不便に感じることもしぱしば。

これを解消してくれるものがないかと探していましたが、ついに出合いました。

 

それは「asobito 薪ケース」です。

自宅の薪ストーブ用に1シーズンほぼ毎日、キャンプで数回使ってみました。

結果、めちゃくちゃ重宝しています。

これは薪ストーバーや焚き火キャンパーには、超絶オススメですので紹介しておきます。

 

広葉樹薪が余裕で20kg入る大容量

初めて広げた時にビックリしたのがサイズ。

底面39cm四方に、高さ40cm。分かって購入したのに、大きく感じました。

 

コンテナに入った20kgのクヌギ薪と並べると、大きさがよく分かります。

 

全部移してみると、余裕で入りました。おそらく30kgは入りそう。

 

薪を入れずにキャンプ道具の場合は、これだけ入れても余裕があります。

 

テント、寝袋、イス、コット、ローテーブル、焚き火台も楽々持ち運び可能。

 

持ち運びやすさを追求したデザイン

容量の大きさに加えて、持ち運びやすいよう取っ手も工夫されています。

全部で3箇所あり、1つ目は短い取っ手。中身が軽い時や少ない時は、これが持ちやすいです。

 

2つ目は長い取っ手。

薪など重いものを運搬する際に、肩にかけることができます。

 

3つ目は、長い取っ手を肩にかけた際に、肩の負担を減らせるよう短い取っ手がサイドに1箇所付いています。

これがないと、肩への負担は大。ユーザーが使いやすいように、試行錯誤して作られたのがよく分かります。

 

また、上部にハト目が4箇所付いているため、ロープで結んで中身がこぼれないようにすることも可能。

 

使わない時はコンパクトに折りたたみ可能で、場所を取りません。

 

極め付けは、メーカーロゴ。控えめに小さなタグが付いているだけで、見た目がシンプル。

    

これをデザインした人、素晴らしすぎます。尊敬!

 

汚れや水に強い帆布生地

薪を出し入れして、運搬すること100回以上。

内部は薪と生地が擦れ、白い線が無数に入っています。

しかし傷んだ箇所は一切なく、生地が帆布のため使う度に味が出てよいです。

使い込むほど風合いが出るため、まるでダッチオーブンのような感じ。

 

また生地はパラフィン加工(ロウ引き)されていて、水を弾いてくれます。

そのため、地面に直置きしても薪が湿気ることはありません。

 

他社の薪トートバッグより価格は高いが、一生もの

「asobito 薪ケース」は性能が高いから、他社の薪スタンドや薪トートバッグに比べて、高価格です。

3000円前後が一般的なのに対し、2倍の価格。

購入前は少し(3分ほど)悩みましたが、性能と使用頻度を考慮すれば一択でした。

 

例えば、よく見かける薪スタンド。

※出典:amazon

 

これは薪を置くにはよいですが、ここに至るまでどうやって薪を運んだのか? 他にバッグが必要ですよね。

全面囲われていないため、屋内だと木くずがボロボロ落ちやすいとか。

 

他社の薪トートバッグは、生地が頼りなかったり、使い勝手を考慮したデザインがされていなかったり。

 

こんな3分ほどの思考のもと、価格は倍でも「asobito 薪ケース」を選んだわけです。

 

asobito にハマりそう

「asobito 薪ケース」が使い勝手がよく、とても優秀なキャンプ道具のため、asobito の他の商品にも手を出してしまいました(笑)。

「asobito 薪ケース」よりひと回り小さいサイズの「asobito コンテナトート(左)」。

 

長さ30cmの薪であれば、これで持ち運びも十分。

 

手斧や薪割り台など、汚れるものをガサッと入れるのに重宝しそうです。

 

「asobito ツールボックス」も購入。

 

丈夫な作りなので、ハンマーやペグの収納用に。

 

 

asobito の種類はたくさんあって、どれも2色展開。

カーキ(黒がかった深緑)&キャメル(黄土色という表現が正しいのか?)。

私の場合は、テントに合わせて全部カーキを購入していますが、明るいキャメルも欲しくなってきました。

 

さいごに

「asobito 薪ケース」がこれほど魅力的とは、購入前は思いませんでした。

amazon の評価が高いのも頷けます。

キャンプで焚き火を楽しむ人はもちろん、自宅に薪ストーブがある人にも超絶オススメですよ。

まつり
2020年に購入してよかったアウトドア道具のひとつやきん。

では、素敵なアウトドアライフを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です