ファミキャンもソロキャンも、無料のキャンプ場を選択する6つの理由。




まつり(matsuri06)です。

キャンプに行く際には、無料のキャンプ場を選択することが多いです。

「お金をかけずに遊べるから。」という理由も、もちろんありますが、それだけではありません。

 

私が無料のキャンプ場を選択する理由は、6つあります。

  1. フリーサイトである。
  2. チェックイン・アウトの時間制限がない。
  3. オートキャンプ場より野営感が強い。
  4. ペット(犬)同伴可能である。
  5. 利用料で浮いたお金で、食材やギア購入できる。
  6. フィールドをキレイにする。

 

フリーサイトである。

キャンプ場は、区画サイトとフリーサイトの2種類があります。

区画サイトは、●m×●mと決められた面積の中で、テントやタープを張って利用するサイトです。

フリーサイトは、区画が決められておらず、敷地内の好きな場所でキャンプをしていいサイトです。

 

区画サイトは、隣の利用者との距離が決まっており、気を遣うことが何かと多くなってきます。

一方フリーサイトの場合は、他の利用者と好きな距離感で使えるため、ほぼフリーサイトを使うようにしています。

まつり
混み合う場合は、当然譲り合って使うきん。

 

チェックイン・アウトの時間制限がない。

有料キャンプ場は、必ずチェックイン・アウトの時間が設けられています。そのため、ある程度計画的に過ごす必要があります。

無料キャンプ場は、チャックイン・アウトの時間が設けられていないため、その時に気分や都合に合わせて、早くにセッティングしたり、遅くに撤収できます。

1泊2日の場合、チェックアウトが10時だとバタバタしますよね。これが嫌なんです。

まつり
早い時間に、チェックインしたい時もあるきん。

 

オートキャンプ場より野営感が強い。

無料のキャンプ場は、山林・河川・浜辺が隣接している場所が比較的多く、整備されている有料キャンプ場より、野営感が強く、自然度が高い感じがします。

 

これは好みですが、ビシッと綺麗に整備されている場所には、あまり魅力を感じないのです。

また、管理予算が少ないため管理が行き届かず、不便な要素がある方が、より知恵を使って過ごすことができたりします。

まつり
有料キャンプ場で、野営感が強い場合もあるきん。

 

ペット(犬)同伴可能である。

春から秋にかけては、犬も一緒にキャンプに行くことがあります。

 

有料キャンプ場は、ペット同伴不可の場所も多いため、最低限のルールが設定されている無料のキャンプ場を利用することになります。

愛犬は寒さに弱いため、冬はこの縛りに関係なくキャンプに出かけることになります。

まつり
犬を連れて行くキャンプ場は、ほぼ決まった場所やきん。

 

利用料で浮いたお金で、食材やギア購入できる。

無料キャンプ場を選択することで、利用料が必要ありません。すると、その浮いた経費を別のことに使えます。当然ですよね。

平均的な有料キャンプ場に家族で行くと、1泊で5000円ほどかかります。その分、食材を豪華にしたり、新しいギアを購入する費用に充てたります。

ちなみに、費用を浮かせるために無料キャンプ場を選択するというよりは、有料キャンプ場を選択する必要性を感じないのです。もちろん、その場所や人に魅力を感じて、有料キャンプ場を利用することもあります。

まつり
ケチってる訳ではないきん。

 

フィールドをキレイにする。

無料キャンプ場は、管理スタッフが常駐していません。ルールが設定されていても、利用者のマナーに委ねられています。

利用者は必ずしも優良キャンパーだけではありません。

 

芝生に直火で焚き火をする人もいます。

 

ゴミを放置する人もいます。

これが当たり前で放置していると、管理者の負担になります。これらの行為が広がり、度がすぎるとキャンプ場が閉鎖するケースもあります。

だから、そうならないように無料キャンプ場を利用する場合に、必ず実施していること2つあります。

 

①焚き火跡で残された燃えカスは、焚き火台で処理する。

芝生上で焚き火をした跡には、必ず燃えカスが放置されています。焼かれた芝生を元に戻すことはできませんが、燃えカスを片付けることは誰にでもできます。

キャンプに行くと、必ず焚き火台を使用することから、燃えカスは焚き火台に投入して処理することにしています。

 

②減らした食材や薪の量だけ、ゴミを拾い持ち帰る。

無料のキャンプ場に行くと、必ず目にする放置されたゴミ。風で飛ばされてきた生活ゴミもあるかもしれません。

 

自前で準備した荷物で食材や薪は、キャンプ後に必ず減ります。そこで、減らした量くらいまでは、拾ったゴミを持ち帰るようにしています。

この2つの行為は、他の利用者に伝染することがあったり、違反行動の抑制につながることもあります。

ゴミを放置して注意されることはあっても、拾って注意されることはありませんから。

まつり
10〜20分程度の清掃で、十分やきん。

 

さいごに

私が無料のキャンプ場を選択する6つの理由を紹介してみました。

  1. フリーサイトである。
  2. チェックイン・アウトの時間制限がない。
  3. オートキャンプ場より野営感が強い。
  4. ペット(犬)同伴可能である。
  5. 利用料で浮いたお金で、食材やギア購入できる。
  6. フィールドをキレイにする。

 

無料のキャンプ場を選択する人で、他に理由があれば聞いてみたいですね。

まつり
キャンプブームもあって、ゆったり使える無料のキャンプ場を見つけるのが大変やきん。

では素敵なアウトドアライフを。

香川県の無料で利用できるキャンプ場とフィールド。場所によって違うおすすめポイント。

2020年2月11日