制作時間15分!夜を楽しむ缶ランタン、子どもも簡単にできますよ!

スポンサードリンク

こんにちは、まつりです。

空き缶を活用して作る「缶ランタン」を知っていますか?好きな絵や文字を炎の明かりで、表現できる照明道具です。キャンプなどで使うと盛り上がりますよ。写真は先日の夏の分校1/2ヶ月でスタッフが作ったものです。それぞれ個性が出ていますね。

では早速、作ってみましょう!

缶ランタンづくりに必要な道具・材料

・空き缶(アルミ)
・マジック
・画びょう
・缶切り
・ろうそく

缶ランタンの作り方

1 空き缶を準備します。ビールじゃなくていいんですが、我が家にはコレしかありません!

2 好きな絵や文字をマジックで描きます。

3 マジックで描いた部分に画びょうで穴を開けていきます。穴を開ける感覚は表現方法によって違いますので、お好みで。ただし、全部繋げてしまうとくり抜いてしまいますよ。子どもも「プスッ!」と簡単に穴を開けれますよ。

4 画びょうで穴を開け終わったら、上部を缶切りで開けます。底にろうそくを立てます。

缶の切り口で手を切りやすいので、子どもと作るときには気をつけて下さい。

5 ろうそくに火を付けて完成!制作時間15分。

私は焚き火を、娘は果物を作ってみました。いろんな種類を並べると盛り上がりますよ。

まつり
一人でコツコツ作るのも、みんなでワイワイ作るのも楽しいですよ。数が多ければ作品並べて品評会も面白そうですね。

では、ステキなDIYを!

スポンサードリンク