愛媛県松野町の「滑床(なめとこ)キャンプ場」。渓流釣りなど、ゆるりと2泊3日のソロキャンプ。




まつり(matsuri06)です。

愛媛県松野町にある滑床(なめとこ)キャンプ場で、ソロキャンプで2泊してきました。

とても良いフィールドでしたので、レポートしておきます。

 

香川県高松市から車を走らせること4時間。

到着したのは四国の左下、愛媛県松野町の滑床(なめとこ)渓谷。

この自然度が高いフィールドに、滑床キャンプ場があります。

 

キャンプ場にチェックインする前に、松野町在住の友人とランチです。

人里離れた山奥ですが、ここには知る人ぞ知るステキなお店があるのです。ふふふ。

まずは、キャンプ場から徒歩圏内の、ランチの場所へ。

 

水際のロッジのレストランが、最高においしい!

滑床渓谷にはキャンプ場のすぐ近くに、かつて国民宿舎として活用されていた「森の国ホテル」がありました。

バブル世代の人が『一度行ってみたいねー。』と言っていたのを、耳にしたことがあります。

2021年現在は、一般利用ができない建物です。

 

この建物のすぐ近くに、2020年にオープンしたロッジとレストランがあります。

 

まずは、ここで腹ごしらえです。

レストラン「SELVAGGIO」。

 

友人と一緒に店内に入るも、これからキャンプをするおじさんには、オシャレすぎて少し怯んでしまいました(笑)。

 

なるべく地元の食材にこだわった料理。

 

『ピザがおいしいよ!』と友人から聞いていましたが、想像を超えてきました!

 

鹿肉ミンチのパスタ。オシャレな名前がありましたが、忘れました・・・。

町内で獲れたジビエを使っていて、パスタがもちもちで、これが一番好みでした。

 

身も心も満たされてしまい、これからキャンプをせずに帰ってもいいくらい。4時間かけてきたのに。

地元の人はもちろん県内各地から、この料理を求めて、山奥まで来られるそうです。

食べてみて、その理由がよく分かりました。だって、美味しいもん!

 

隣には「水際のロッジ」。

 

『今日、ここに泊まります!』と言いたくなるくらい、ステキな空間でした。

またの機会にします。

 

レストラン「SELVAGGIO」と「水際のロッジ」の情報は、「森の国」でチェックしてください。

 

ゆるゆる焚き火と読書と渓流釣り

お腹を満たして、キャンプ場へ。

滑床キャンプ場は、森の中にテントサイトがあります。

 

全部で17箇所。

 

それぞれサイトサイズ違うため、テントの大きさや人数によって、選択できます。

 

キャンプサイトに車が横付けできません。

トイレ横の広いスペースに一時的に駐車して、荷物を運搬するのが無難です。

 

今回は他に宿泊利用者がいないため、選び放題です。

トイレや水場が近く、常設テーブルがあって、荷物の運搬がしやすい1番サイトを選択。

 

ここをキャンプ地とする!

 

長時間移動で疲れたので、焚き火をしながらゆるゆると過ごします。

 

焚き火のお供に読書。

キャンプを仕事にしている25名のインタビューを取りまとめたもの。

キャンプにも様々な関わり方があるんだな、と気付かせてくれる本です。

created by Rinker
¥1,540 (2021/05/06 13:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

キャンプサイトのすぐ横を流れる目黒川。

 

ここでは、渓流釣りが楽しめます。今回訪れた目的のひとつでもあります。

初心者の私でも90分ほどで、釣果5匹。

 

現地で道具レンタルできますので、未経験者も楽しめます。

 

川は浅い場所ももちろんあるため、子どもの川遊びにも最適。

 

日が暮れるとキャンプサイトは暗く、トイレ周辺のみ少し明るいです。

 

トイレ前の街灯や橋の明かりがあるのみで、トイレから離れるほど暗くなります。

 

明るいうちに拾っておいた枯れ木で焚き火をしながら、読書をして夜を過ごしました。

 

夜が明け、朝食です。

ジビエを売り出している松野町の鹿ウインナー。

 

レストラン「SELVAGGIO」で食べたパスタには敵いませんが、美味いです。

 

町内の道の駅で販売していますよ。

 

 

渓流釣りも楽しいですが、周辺を散策するのも気持ちよかったです。

 

マップ片手に軽く半日は過ごせます。

 

滑る床と書いて「滑床(なめとこ)」。岩の上は滑りやすいので、散策時は要注意です。

イロハモミジが多く、紅葉の時期はかなりキレイな景色が広がっていそうです。

 

 

滑床キャンプ場の基本情報

住所

愛媛県北宇和郡松野町目黒滑床

 

 

使用料

大人1名:300円

小人1名:150円

未就学児:無料

 

予約・支払いは、現地にある「滑床アウトドアセンター」。

TEL:0895491535

 

利用のルールなど

直火禁止。

焚き火をする際には、焚き火台もしくは常設かまどを使用。

 

滞在中、サルをよく見かけました。

サルに餌を与えないようにしましょう。

また食材はクーラーボックス内に保管必須です。

 

駐車場・荷物運搬

駐車場は広く、何十台と駐車できるスペースがあります。

キャンプサイトから抱えて運搬するのは、荷物が多いキャンプスタイルの人は大変です。

少しだけ階段がありますが、これを除けばキャリーワゴンがあると便利でしょう。

WAQ、キャリーワゴン、アウトドアワゴン

アウトドアで活躍するワゴン。コールマンもいいけど、WAQのタイヤが魅力的。

2019年6月8日

 

風呂

現地に風呂はありません。

トイレにシャワーが付いていましたが、使用禁止でした。

 

滑床キャンプ場から車で25分の「森の国ぽっぽ温泉」に行くといいですよ。

 

道の駅「虹の森公園まつの」のすぐ近くです。

 

買い出し

道の駅「虹の森公園まつの」周辺、松野町の中心地で購入しておくといいでしょう。

滑床キャンプ場受付をする「滑床アウトドアセンター」には、自販機が1台あります。

 

その他

私が訪れた時には、キャンプ場手前が道路工事のため、通行制限がかかっていました。

時間帯によっては、かなり待つ時間が必要なため、事前に確認しておきましょう。

 

 

先に紹介したレストラン「SELVAGGIO」は、本当にオススメ。

レストラン「SELVAGGIO」と「水際のロッジ」の情報は、「森の国」とインスタグラムでチェック!

 

さいごに

愛媛県松野町の滑床キャンプ場、2泊3日で行って正解でした。

4時間かけて行った甲斐がありました。

自然度が高いフィールドのため、季節によって変化が楽しめそうです。また違う時期に訪れたいです。

まつり
紅葉の時期の景色は、おそらく最高やきん。

では、素敵なアウトドアライフを!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です