室内で活躍する薪を入れる箱「ログボックス」をDIYしてみた。




室内の薪置き場に悩んでいた、まつりmatsuri06です。

薪ストーブに薪を入れる際、すぐ横に置き場があると非常に助かります。

そこで、一度試作して薪入れ箱がこちら。

 

OSBボードで簡単に作ることができ、1シーズン使ってみました。

感想としては、「容量が小さい」「薪を取り出すときに床が汚れる」という課題が出てきました。

そこで、新しく室内用のログラックというか、ログボックスというか、薪ストーブの横に薪を置けるものを作ってみました。

 

ログラック(ログボックス)をDIYしてみた。

1シーズン使ってみた試作品を解体して、できるだけ新しい材料を使わずにDIYしてみました。

 

試作品を横にしただけ風ではありますが、なかなか使いやすくなっています。

調理器具以外の使用頻度が高いものを、この箱にすべて収納できるようにしてみました。

 

前面にはフックを付けて、3種類ぶら下げています。

 

まずは、トング。炉内の薪を移動させるのに使います。高価なトングでなくても十分に活躍します。

 

次にマッチ。我が家では、使い捨てのライターやチャッカマンは使用しません。使用後に不燃ゴミが出ますからね。

 

そして、ストーブ周辺を掃除するホウキとチリトリ。

まつり
何万円もする薪ストーブアクセサリーはなくても、十分やきん。

 

では、箱の中身。ここは大小2つのスペースに分けています。

 

小さいスペースには、着火剤や焚き付けを収納しています。

着火剤は「文化焚き付け」を小割りにして瓶に収納。

 

木工DIYなどでできる端材を牛乳パックに入れています。

 

薪割りや薪積みの際に剥がれた樹皮。これも焚き付けとして活躍します。

 

大きいスペースには大割、中割の薪を1日分入れています。薪ストーブ横に1日分の薪があると、安心感があります。

 

可動式のログラックが欲しかった

薪ストーブ横に置くログラックは、既製品でカッコイイのがたくさんあります。

ダッチウエストジャパン(DutchwestJapan)
¥6,870 (2019/12/12 23:57:30時点 Amazon調べ-詳細)

ダッチウエストジャパン(DutchwestJapan)
¥16,633 (2019/12/12 23:57:30時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、どれも欲しいものではなかったのです。

我が家の薪ストーブは、キッチン横に鎮座しています。多くの人が設置する部屋の隅や端ではありません。

 

そのため、床をできるだけ汚さないタイプで、掃除もしやすい可動式のものが欲しかったのです。

しかし、そんなものは存在しませんので、自作することになりました。

    

まつり
キャスターがあると、勝手口からの薪の運搬が楽やきん。

 

さいごに

自作したログラックならぬ、ログボックス。

新たに材料として購入したのは、セリアで購入したフックのみで費用は220円。高価な既製品よりも機能的で、十分に活躍してくれています。

自分が使いやすいようにカスタマイズするのが、やはり楽しいですね。

まつり
フックは、二股の枝にしてもよかったきん。

では、素敵な薪ストーブライフを!