『薪が欲しい!』と思う人は、宣言しておくと入手できる!?




まつり
こんにちは!薪ストーブユーザー、まつり(matsuri06)です。

我が家では11月から3月の間、薪ストーブを使っています。この約5ヶ月間で使用する薪を、薪ストーブのシーズンになる前に常備しておく必要があるんですね。

薪ストーブユーザーのみなさん、こんな悩み抱えていませんか?

  1. 今シーズンの薪が足りない。
  2. 来シーズンの薪の準備が間に合わない。
  3. 薪づくりは好きだけど、原木を山に取りに行くのが大変。

 

私もみなさん同様、薪づくりはいろいろ試行錯誤しています。下記参考にしてみてください。

 

信頼できる薪屋を見つけて、購入!

まず、1の「今シーズンの薪が足りない。」という人。購入するか、灯油ストーブを使用するか、ストーブを使わずに寒さに耐えるしかありませんね(笑)。

私は購入が必要になった時には、信頼できる薪屋で購入することにしています。価格など参考にしてみてくださいね。

【香川県の薪販売】サンシン暖炉高松支店長の塩田さんから、上質な薪を購入してみた。

2018.02.02

『ボロでも、カスでも、安く売ってくれれば誰でもいい。』という人は、地域の最安値の薪屋を探せばいいです。

そうではなくて、困った時に親身になって助けてくれる、信頼できる薪屋と仲良くなることが大切ですよ。

まつり
私は、上記で紹介した薪屋に、ストーブのこと、薪のこと、分からないことはいろいろ相談しています。

 

『薪が欲しい』と宣言する!

2の「来シーズンの薪の準備が間に合わない。」、また3の「薪づくりは好きだけど、原木を山に取りに行くのが大変。」という方は、今からでも遅くないです。

『薪が欲しい!』と宣言しおきましょう。

簡単なのはFacebookやtwitterのSNSで、情報を発信しておくこと。もしかしたら反応があるかもしれません。

まつり
たとえなくても、お金も労力もかかっていませんから、困ることはありませんよ。

 

私は、SNSの宣言に加えて、会う人に直接話しています。『薪になる木があれば、いただきますよ。』と。

特に、木を切ることに関わっている人には、『行き場のない原木あれば欲しいです。うちにぜひ!』と声をかけるようにしています。

木をゴミとして処理する場合は産業廃棄物となり、処理にお金がかかるんですよね。しかも処理費用が結構高い。

タダで引き取ってくれるところがあれば、業者もありがたいですよね。ここで薪ストーブユーザーと木を処理したい業者のWin-Winの関係性の誕生です。

まつり
今では時々、『薪に使えそうな木あるよ。持って行こうか?』と連絡をしてくれる人がいます。

 

薪はあっても困らない

先日は友人が軽トラいっぱいに積んで持ってきてくれました。ありがたや!

 

ヒノキやサクラなど、ミックス盛りです。これを夜の晩酌セット(ビールとササミオイル漬け)と交換しました。Win-Win!

まつり
普段は細い枝はもらわないんですが、娘の薪割り練習になるだろうと思い頂きました。

 

時間が空いている時に、私はこれをチェンソーで玉切にして、薪割り斧で割っていきます。で、割ってできた薪が薪棚へ積まれていきます。

 

現在、薪棚が満杯のため、積んで乾かすことにしました。

薪は、いくらあっても嬉しい財産です。すぐ減りますが・・・。

 

いかがでしたか?

薪が欲しいという人は、ぜひ『薪が欲しい!』宣言してくださいね。もしもの時のために、信頼できる薪屋さんとつながっておくのも大事ですし、薪ストーブライフが楽しくなりますよ。

まつり
切った後ゴミとして処分されるより、欲しい人のところへ行き、燃料として活用されれば、木も本望じゃないでしょうかね。『薪に使えそうなのあるよ。持って行こうか?』という連絡、私はいつでも大歓迎です!ただし、違法伐採したものなどはダメですよ。

では、ステキな薪ストーブライフを!