見つけてしまった!ソロキャンプにぴったりのクーラーボックス。

「AOクーラー12」が、ソロキャンプに最適のクーラーボックスだった。




まつり(matsuri06)です。

以前から気になっていた人気が高いクーラーボックス、「AOクーラー」。

ついに購入しました。

2回使用して『もっと早く買っておけばよかった』と思う、優秀なキャンプギアでした。

 

購入の決め手になったのは、AOクーラーのおすすめポイントでもある次の2つ。

  • 最強の保冷力
  • 結露しない構造

 

AOクーラーは、氷と350ml缶が入る数に合わせて、サイズ展開しています。

その中で、私が選んだサイズは「12PACK」。

 

これが主にソロキャンプで使用するサイズには、ちょうど良いと判断しました。

まつり
アマゾンで購入したら、約1000ポイントが付いてきたきん。

 

持ち運びやすいAOクーラー

愛用し始めたAOクーラー12(ブラック)。

 

2021年からロゴの配色が、ブラック&グレイになっています。これも気に入った理由。

 

食品を入れて重くなっても、持ちやすいようにハンドルが補強されています。

 

開閉時にはマジックテープを剥がします。

 

肩掛けベルトがあり、これも肩が痛くならないよう補強されています。

肩掛けベルトは取り外し可能なフック付き。

 

細部に気を遣っているのが、好みですね。

 

サイズ以上の物が入るAOクーラー

サイズ36×30×18cm(幅・高さ・奥行き)。

重さ905g。

容量11リットル。

開閉時はサイドのバックルを外し、

入口部分を広げます。

ダブルファスナーもありがたいですね。

ファスナーを開けると、内幕は白。

中身を出し入れするには、十分な幅です。

内幕は外に出せるため、汚れた時には掃除がしやすく、乾かしやすい仕様です。

 

では実際にどれくらいの物が入るか、紹介しますね。

「AOクーラー12」は、氷2.2kgと350ml缶12本が基本容量です。

これが入るのは当たり前なので、もう少し容量を増やしてみます。

 

氷1.7kgを底に置き、

その上に、500ml12缶。これではファスナーが閉まりません。

これをバラして入れると、

ファスナーが閉まります。まあまあパンパンです(笑)。

工夫すれば、基本容量の1.3〜1.4倍くらいは入りそうです。

ただし、詰めすぎは注意です。

説明書には「上部ジッパーへの過度な負荷を避けるために、中身の詰めすぎにはご注意ください。」と書かれています。

 

サイドのバックルを外さなければ、中身が取り出しにくいというレビューを見たことがあります。

取り出す物にもよりますが、缶やペットボトルなどは取り出しに問題なさそうです。

取り出しにくい物は、サイドのバックルを外して取り出せば問題ありません。

 

2Lペットボトルは横であれば、4本収納可能。

 

縦であれば3本収納可能。ただし、縦の場合はサイドバックルが閉じないため、保冷力は下がりそうです。

 

 

収納箇所は、保冷ゾーンだけではありません。

外側前面には、ポケットが付いています。

クーラーボックスとセットで持っておきたいタオルなど、薄い物を入れるのに重宝します。

 

ソフトクーラーボックスの利点であるコンパクト性について。

コンパクトにならないというレビューを見かけますが、思っていたより薄くなります。

 

保冷力を高めるポリエチレンフォームが厚いため、折り曲げることはできません。

抜群の保冷力があって、これだけ薄くなるなら、十分な機能ですね。

 

AOクーラーは、結露しない構造が最高

クーラーボックスといえば、中が冷える代わりに外側が結露する物が多いです。

肩にかけた時に服が濡れたり、地面に置くと芝や土が付着して汚れが気になる人も多いはず。

AOクーラーは結露しないため、その心配がいりません。

 

先ほどの常温ビールをAOクーラー内で24時間放置。

1.7kgの氷は7割ほど溶けていますが、キンキンに冷えています。

保冷力、スゴッ!

 

この状態であれば、多くのクーラーボックスは外側が結露してしまいます。

しかしAOクーラーは、まったく結露していないのです。

この機能を求めていた人、きっと多いはず。

 

結露しない構造だから、車のシートの上に置いても問題ありません。むしろ置きたい。

結露しない構造であることも、AOクーラーを選んだ理由の一つです。

 

AOクーラー12が、ソロキャンプにちょうど良いサイズ

AOクーラーは350ml×6缶をベースに、6つのサイズ展開をしています。

  • 6パック:6缶+氷0.9kg
  • 12パック:12缶+氷2.2kg
  • 18パック:18缶+氷2.2kg
  • 24パック:24缶+氷6.3kg
  • 36パック:36缶+氷9kg
  • 48パック:48缶+氷11.3kg

この中から、自分にあったサイズを選択することになります。

 

容量の半分を飲料、もう半分を食材と考えれば、サイズ選びがしやすいです。

私の場合はソロキャンプが主で、飲料が350ml×4缶・水1Lとなっているため、6パックでは小さく、必然的に12パックとなりました。

AOクーラーのサイズ選びに失敗しないよう、冷やす必要がある飲料と食材の量で、サイズ選択するといいでしょう。

 

サイズに加えて、カラーバリエーションも豊富です。この他、迷彩柄などもありますよ。

※出典:BIGWING

 

自分のキャンプギアに合わせて、カラー選択できるのは嬉しいところ。

こんなにカラーバリエーション豊富なクーラーボックスは、他にはないはず。

私は迷いに迷って、無難なブラックにしました。

 

AOクーラーにも弱点はある

とても優れたAOクーラーにも弱点があります。

ソフトクーラーは素材が柔らかいため、車にキャンプギアを積む際に、上に重い荷物を載せれません(軽いものならOK)。

また、椅子やローテーブルとして使えません。

 

しかし過去を思い返してみると、ハードクーラーを椅子やローテーブルとして使ったことがありません。

中身を取り出すのに、クーラーボックスの上にあるものを避けるのが面倒ですからね。

またクーラーボックスの上に荷物を載せたこと、ほとんどありませんでした。

 

だから私の場合は、AOクーラーを選択して良かったんだと改めて思いました。

 

さいごに

「最高の保冷力」「結露しない構造」が気に入って購入したAOクーラー。

もっと早く購入しておけばよかったです。

12パックまでのサイズなら持ち運びが便利なので、普段使いでもかなり活躍しますよ。

 

公式サイトをはじめ、いくつかのサイトから購入できますが、アマゾンがお得ですよ。

私が購入した時は、約1000ポイントが付いてきました。

10000円以下で購入できたことになるので、購入するならまずはアマゾンをチェックしてみてください。

まつり
アマゾンレビューで評価数も多く、評価値が高いだけあるきん。

では、素敵なアウトドアライフを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です