見つけてしまった!ソロキャンプにぴったりのクーラーボックス。

【おすすめ焚き火テーブル】キャプテンスタッグの「2WAY ステンレスサイドテーブル」は、ユニフレームに勝るかも!?




まつり(matsuri06)です。

焚き火テーブルといえば、ユニフレームの焚き火テーブルを思い浮かべる人が多いはず。

私もその一人です。

しかし、購入はしませんでした。その理由、同じように思っている人いませんか?

『テーブル本体で約8000円は高いな。』

『収納ケースとか、結局オプションを購入することになるよな。』

 

そんなことを考えているうちに、別のテーブルを見つけ購入しました。

キャプテンスタッグが焚き火テーブルとして打ち出した「2WAY ステンレスサイドテーブル」。

これが、想像以上に優秀でした。さすがキャプテンスタッグ、コスパが高い!

購入を迷っていたユニフレームの焚き火テーブルを、上回ったと感じたポイントが3つあります。

  1. 収納バッグがセットで6000円代。
  2. ギアを吊るせるテーブルの角。
  3. 高さを2段階調整可能。

これから焚き火テーブルの購入を考えている人は、ぜひ参考にどうぞ。

収納バッグがセットの焚き火テーブル

キャプテンスタッグの「2WAY ステンレスサイドテーブル」は、純正品でバッグが付いています。

隙間に収納できるのが嬉しい、厚さ2cm。

バッグにマチはありませんが、薄い物なら合わせて収納できます。

例えば、キャプテンスタッグのローテーブル。

するっと入ります。

バッグ入り口は、マジックテープ付き。

バッグ別売りのテーブルが多い中、セット販売で6000円台の焚き火テーブルは購入しやすいです。

ギアを吊るせるテーブルの角

テーブルは食器を置く以外に、他の用途もあればさらに便利。

キャプテンスタッグの「2WAY ステンレスサイドテーブル」は、四隅に隙間があります。

フックが付いているようなギアは、ぶら下げることができます。

例えば、シェラカップ。

焚き火の際に、迷子になりやすい火バサミなどもOKです。

天板サイズが30cm×60cmのため、使わない道具をぶら下げておくと、広く使えます。

ユニフレームの焚き火テーブルだと、オプションを購入して取り付けることになります。

だから、純正品でこのスペックは嬉しいところ。

高さが2段階調整可能

キャプテンスタッグ「2WAY ステンレスサイドテーブル」の最大の特徴は、高さが調整できるところだと感じました。

天板裏に収納されている脚部。

中央付近に脚をはめ込むと、テーブルとして使えます。

低いタイプは、高さ265mm。

高いタイプは、高さ400mm。

ローチェアに座って、高いタイプを使用すると、ノートパソコンを置いて作業をするのにピッタリでした。

ちなみに耐荷重は30kgあります。

パソコン使用時はもちろん、ダッチオーブンなど重い物を乗せてもガタつくことはありませんでした。

ありそうでなかった高さ調整ができる機能。

焚き火テーブルでは、キャプテンスタッグが初ですね。

 

さいごに

焚き火テーブルを探していた人には、キャプテンスタッグ「2WAY ステンレスサイドテーブル」は本当にオススメですよ。

ユニフレームの焚き火テーブルはもちろん良いのですが、本体とオプションを購入していくと、キャプテンスタッグ「2WAY ステンレスサイドテーブル」を2つ購入できますからね。

キャンプだけでなく、イベントの受付時のテーブルでも活躍してもらう予定です。

まつり
これから焚き火テーブルとして使う人が、必ず増えるきん。

では、素敵なアウトドアライフを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です