ファシリテーションの「コツ」は、青木将幸さんの本から学ぶといいよ。




こんにちは!会議進行の役割を担うこともある、まつり(@matsuri06)です。

みなさん、会議と聞いて何を思い浮かべますか?

カタい雰囲気の話し合いとか。決まった人だけが喋って、多くの人は座っているだけ。

あまりいいイメージがありませんね。

これは、ファシリテーターと呼ばれる会議進行をする人(会議を準備する人)が、どのような会議をすれば、実りのある会議になるかが見えていないんですよ、きっと。

そこで、オススメなのがこの本。

ミーティング・ファシリテーション入門―市民の会議術   

市民の会議術 ミーティング・ファシリテーションの入門。

著者は青木将幸さん。(青木将幸ファシリテーター事務所

自治会、商店街、小学校の職員会議、NPOの理事会、企業のステイクホルダーミーティング、行政が開催する市民参加会議、国際会議、家族会議など、あらゆる会議を進行するミーティングファシリテーターとして活動中。

著者紹介にあるように、全国飛び回って、どんな会議でも進行しています。

2005年に著者主催の「ファシリテーション研修」に参加した時、とても刺激を受けたのを今でも覚えています。

研修や講習などの進行も仕事にしている私は、この本を教科書のように活用しています。私がこの本をオススメする3つのポイントを紹介しますよ。

 

1 会議進行の手法がたくさん学べる

ファシリテーション関連の本を購入する人は、会議進行の手法を学ぶために購入するでしょう。

タイプ別会議攻略法として、「アイディアを出す会議」や「問題解決のための会議」など、10シーン紹介しています。

実際にその場にいないと、会議の雰囲気は伝わりません。これを「組織をよくする会議術」と「多様な参加者との会議術」として、プロの実践レポートを15シーン詳しく紹介されています。

事例がたくさん紹介されていますので、会議進行をしている人・したい人は試してみたくなる手法がたくさんあります。

著者が過去に失敗したパターンも紹介されています。「人の不幸は蜜の味」と言いますが、生々しすぎて笑えません・・・。が、失敗からの学びにはとても共感できます。

 

2 ファシリテーションの意味が分かりやすい

前途、「詳しく紹介」と書きましたが、「丁寧に紹介」という方が正しいですね。この本、『ファシリテーションって何?』という人が手に取っても、読みやすいんです。

それは、カタカナ専門用語を連発せずに、噛み砕いて説明しているからでしょうね。

ファシリテーションに関する本の中身は、たいてい横文字が多いです。が、著書は知らない人が読んでも分かりやすいんです。

 

また、ページを開くごとに会議の様子を連想させるようなイラストが登場します。心和らぐ雰囲気で読み進めることができますよ。

途中でコラムのように、「会議をよくする道具箱」として、役立つアイテムが紹介されています。マジックひとつにも、こだわりを感じますね。

読みやすさから、いつも丁寧な仕事をしていることが伝わってきますよ。

 

3 会議進行の技術・手法はもちろん、「心がけ」も大切だと気づく

会議進行をするにあたって、本を読んで手法を学び実践することは、とても大切なことです。私も本や上手なファシリテーターから学び、実践しています。

こういう本に書いている技術を学ぶことと同様、それ以上に大切なのは会議という「場」に対する「心がけ」なんでしょう。技術がすべてではないんですね。

 

「会議をよくする道具箱」というコーナーで、ぞうきんを紹介されています。会議で使用する道具や空間をぞうきんがけしてキレイにすることで、参加者を丁寧に迎えたり、空間と仲良くされるそうです。大切だと分かっていても、なかなかできないことですよ。

本を探す時、ついついネタ探しが目的になることがありますよね。それ以前のファシリテーターとしての芯の部分が、実は大切なんですよね。

 

ファシリテーションスキルは、アウトドア活動でも活かされる。

私は年に数回、著者夫妻と「南海道ネットワーク」として一緒に活動することがあります。

生涯使えるロープワークを3つ習得できたでしょう!(不便キャンプ2017秋@南あわじ市)

2017.10.06

イノシシ肉をメインとした島の食材を料理人と一緒に楽しんだ2日間は、予想どおり贅沢の極み。(うまいもんキャンプ@愛媛県大三島)

2017.07.21

 

参加者が集まって最初に話す場「チェックインミーティング」では、参加者の思いをさらっとメモする青木さん。

その際に、いつも感じることは「いつも参加者(お客さん)を気持ちよく迎え入れる」ということ。参加者が集まる前から始める、場づくりの大切さをいつも学んでいます。

付録の「お茶コーナーのお作法」でも、場をつくる丁寧さが感じ取れますよ。

 

 

いかがでしたか?

「市民の会議術 ミーティングファシリテーション入門」について紹介しました。

オススメのポイントは3つ。

  1. 会議進行の手法がたくさん学べる。
  2. ファシリテーションの意味が分かりやすい。
  3. 会議進行の技術・手法はもちろん、「心がけ」が大切だと気づく。


会議進行って、やりたくない人が多いんです。しかし、この本読むと『やってみようかな。』という気になりますよ。

会議進行をする人はもちろん、会議に参加するであろうすべての人に読んでもらいたいですね。読む人が多くなるほど、つまならい会議は無くなっていくはずです。

記事内で「青木さん」と書いていますが、青木さんと呼んだことは一度もないですね(笑)。普段はニックネームで、マーキーと読んでいます。ぜひ、マーキーのファシリテーションの世界に触れてみてください。