葉っぱスタンプは意外とハマるよ。1時間でできる身近な自然体験。




まつり
こんにちは!まつり(matsuri06)です。

庭に生い茂る植物たち。切られて、刈られてばかりではモッタイナイので、たまに娘と葉っぱを使って「葉っぱスタンプ」で遊びます。

準備物

  • 葉っぱ
  • ボウルなどの器(収穫した葉っぱを入れるもの)
  • 絵の具
  • パレット
  • 厚紙(ハガキでもOK)
  • 新聞紙

まつり
子どもがいる一般家庭なら、家にあるものでできますよね。

 

葉っぱスタンプの遊び方

まずは、葉っぱを調達します。庭に生えている低木から少しずつ取ってきました。汚れがあるようなら拭き取りますが、大抵はそのままで使えますよ。

 

机が汚れないように、新聞紙を敷いておきます。その上で、葉っぱに絵の具を塗っていきます。

まつり
水であまり薄めず、はっきりとした色を出してみます。

 

絵の具を塗った葉っぱを紙に押し付けます。新聞紙などで上から押さえて軽くこすると、

 

こんな感じで輪郭と葉脈が、紙に写し出されます。

 

好みの葉っぱを選んで、色を塗り、

 

紙に押し付けるだけ。いろいろ試します。

 

紙1枚に何種類も押し付けて楽しめます。

まつり
葉っぱによって、葉脈の太さが違います。いろいろ比較すると楽しいですよ。

 

イラストの代わりにもなりそう

我が家の庭に生息する植物で一番大きな葉、アカメガシワ。色を塗って、

 

押さえつけて、ゆっくり紙から剥がしていくと

 

ででーん!キレイに葉脈が写っていますね!

まつり
絵が上手く書けない人は、葉っぱスタンプをスキャナで読み込むと、イラストとして使えるかもしれませんね。

 

いろいろ作ってみました。水で絵の具を薄めて塗ると、滲んだ感じに仕上がります。水をあまり使わずに塗ると、葉脈がくっきり出て仕上がります。これは用途や好みによって変えるといいですね。

何人かでやると、自分にはない価値観や新たな発見があって楽しいですよ。

 

 

いかがでしたか?

葉っぱスタンプを紹介しました。家庭にあるもので、すぐに簡単に楽しめますので、ぜひやってみてください。

葉っぱが家の庭にない場合は、近くで葉っぱが取れる場所を探しましょう。ただし、むやみやたらに取ってはダメですよ。管理者や所有者が分かる場合は、『葉っぱスタンプしたいんです!少し葉っぱをいただけませんか?』と一言確認していきましょう。

まつり
夏休み中の娘と、庭に生い茂る植物で遊んでみました。ハガキに葉っぱスタンプをしたので、娘はじいちゃんとばあちゃんに暑中見舞いを書くようです。せっかくなので私も誰かに送ります。

自然体験は壮大なフィールドでアクティブな活動だけはないのです。身近な自然を用いて、室内で静かに自然物に関わるのも立派な自然体験ですよ。

では、素敵なアウトドアライフを!