衝撃に強く、水中撮影可能なスマホ「TORQUE G03」。機種変更したので、まずは気になる水中撮影をしてみる。

スポンサードリンク

こんにちは、まつりです。

スマホの機種変更をしましたので、少し自慢をしておきます。auが満を持して(かどうか知りませんが)出してきた高耐久スマホ「TORQUE G03」です。

山、川、里、海と様々な環境で活動しますので、いつも一番壊れにくいスマホを選択しています。前回は「TORQUE G01」という旧型を使い、壊れにくかったんですが、3年使用すると調子悪くなり、機種変更してみました。

機種変更したら、すでにこんなこと言われました(笑)。

誹謗大好き野郎
まだ高いお金払って、大手3社で契約してんの?

とりあえず、こう返しておきました。

まつり
その手にしている軟弱なスマホではなくて、頑丈なのが欲しかったんですよ。

一般人が購入できるスマホなら、一番頑丈なはず

こんな感じで頑丈です。

    米国国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵をはじめとする以下の19項目の過酷な環境試験をクリアした、高耐久性スマートフォンです。 耐衝撃については、高さ1.8mからの鉄板、またはコンクリートへの落下試験(京セラ独自)もクリアした高い耐衝撃性能により、屋外でも安心してご利用いただけます。
まつり
以前のG01に機種変更した直後のこと。森の中でツリークライミングをしている時に、地上7mから落下したことがあるんです。この高さから落ちたら壊れたな・・・。と思ったんですが、多少のキズはついたものの正常動作して故障箇所なし。恐るべし!TORQUEシリーズ。

水中撮影の性能が想像以上に高い!

この頑丈さに加え、水中撮影機能が付いています。夏場にこの機能があると、活動記録を残す人にとっては重宝しますね。どれほど鮮明に撮影できるのか、試すために来ました、沢!!

スマホで水中撮影デビューですので、緊張の時。半分を水につけて撮影。水面のうねりを捉えることができます。撮影技術を上げると、いい写真が撮れそうです。

いざ、水中へ!ゴボゴボ・・・水深50cm。キレイに撮影できますね。水中撮影モードに自動切替できるので、便利です。

この段差があるところだと、

泡ばかり(笑)。これも水中メガネをつけて潜った時に見える世界ですね。高性能だということがよく分かりました。

まつり
今回は沢で撮影したんですが、これ海中撮影も可能なんですよ。次回シーカヤックに行った際に、水中で見える人の表情や魚など撮影したいですね。頑丈さ、水中撮影機能の他に、アウトドア活動で活躍してくれそうなアプリが豊富なので、それも含めた「TORQUE G03の使用感」はまた改めて。

では、ステキなアウトドアライフを!

スポンサードリンク