防水ケースなしで水中撮影可能なスマホ「TORQUE G03」。使って良かった点を3つ紹介するよ。




まつり
こんにちは!まつり(matsuri06)です。

山、川、里、海と様々な環境でアウトドア活動をしていると、いつもスマホには気を使います。衝撃や水没でスマホが壊れた経験がある人、意外と多いんですよね。

今回スマホを買い換える時期になり、auが満を持して出してきた高耐久スマホ「TORQUE G03」を購入しました。


まつり
前回は「TORQUE G01」という旧型を使い、壊れにくかったんですが、3年使用すると調子悪くなり、機種変更してみました。

2017年7月から10ヶ月ほど使用して、良かった点3つとイマイチな点3つを紹介しておきます。『「TORQUE」シリーズどうなの?』と思う人は、参考にしてくださいね。

 

1 落下しても大丈夫なほど頑丈!?

商品説明に、こう記されています。

    米国国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵をはじめとする以下の19項目の過酷な環境試験をクリアした、高耐久性スマートフォンです。 耐衝撃については、高さ1.8mからの鉄板、またはコンクリートへの落下試験(京セラ独自)もクリアした高い耐衝撃性能により、屋外でも安心してご利用いただけます。

この耐衝撃試験に対抗するわけではありませんが、森の中で地上5mから落としました。正確には、落ちてしまいました(笑)。ボディに若干のキズはありましたが(当然!)、壊れるようなことはなかったですね。

まつり
以前の「TORQUE G01」の時も、地上7mから落下したことがあるんです。その時も、多少のキズはつきましたが正常動作して故障箇所なし。恐るべし!TORQUEシリーズ。

 

2 防水ケース不要で、水中撮影ができる。

この頑丈さに加え、水中撮影機能が付いています。スマホを入れる防水ケースありますよね?

防水ケース iPhone7  YOSH®防水ケース スマホ用 防水携帯ケース iPhone X / iPhone8 / iPhone7 対応 透明パック iPhoneとAndroid 6インチ以下全機種対応 ネックストラップ付属 IPX8認定 水中撮影 お風呂/潜水/温泉/水泳など適用 ブラック

「TORQUE G03」は水中撮影する際に、防水ケースは必要ありませんからね。

夏場にこの機能があると、活動記録を残す人にとっては重宝しますよ。どれほど鮮明に撮影できるのか、試してみましょう。

沢!

スマホで水中撮影デビューですので、緊張の時。

 

まずは、半分を水につけて撮影。水面のうねりを捉えることができます。撮影技術を上げると、いい写真が撮れそうです。

 

いざ、水中へ!ゴボゴボ・・・水深50cm。キレイに撮影できますね。水中撮影モードに自動切替できるので、便利です。

 

この段差があるところだと、

 

泡ばかり(笑)。これも水中メガネをつけて潜った時に見える世界ですね。高性能だということがよく分かりました。

まつり
この場所で夏の子どもキャンプを実施しましたが、なかなかいい写真が撮れましたよ。

ひろしま自然学校のキャンプが、やっぱり楽しい!13泊14日の子ども長期キャンプ。(夏の分校1/2ヶ月@広島県北広島町)

2017.08.25

 

もちろん淡水だけでなく、海中撮影も可能です。シーカヤックツアーでも活躍しましたよ。

シーカヤックは、香川県三豊市のFree Cloudのツアーがオススメ。

2017.08.01

 

3 撮影しやすいようシャッターボタンがある。

紹介動画にもありましたが、スマホ右下に丸いボタンがあります。これ、カメラのシャッターボタンなんです。

普通のスマホは、撮影する際に液晶画面をタップします。「TORQUE G03」はタップ撮影はもちろん、シャッターボタンを押して撮影できます。

これは水中撮影がしやすいのと、通常撮影する際にも撮影しやすいです。なぜなら、カメラ撮影はシャッターボタンを押すという行為が身についている昭和世代だから(笑)。

まつり
最初、このボタンは不要だと思いましたが、かなりの頻度で使います。とても撮影しやすいですね。

 

 

いかがでしたか?

「TORQUE G03」を使って感じる良かった点を3つ紹介しました。

  1. 落下しても大丈夫なほど頑丈!?
  2. 防水ケース不要で、水中撮影ができる。
  3. 撮影しやすいようシャッターボタンがある。

スマホの機種変更する際の参考にしてみてください。

まつり
これら以外にも、アウトドア活動で活躍してくれそうなアプリが豊富ですよ。

では、素敵なアウトドアライフを!