香川県高松市塩江町の「大滝山県民いこいの森キャンプ場」。新幕とセブン飯と読書三昧。




まつり(matsuri06)です。

真夏日が続く2020年9月。

少しでも涼しい場所でキャンプをしようと思い、香川県の奥座敷である高松市塩江町へ。

お世話になったのは「大滝山県民いこいの森キャンプ場」。

約6年ぶりの訪問でした。

 

道の駅しおのえの休館日は要チェック。

キャンプをする上で大切にしていることの1つに、できるだけキャンプ地にお金を落とすことがあります。

今回利用する「大滝山県民いこいの森キャンプ場」および近辺では、食材を購入することができません。

そこでキャンプ場の車で15分手前にある「道の駅しおのえ」で食材を調達することに。

 

道の駅は、地域の野菜や変わり種食材と出合うことがあるため、結構好きです。

今回はそれらを使って、ご飯を作ろうと思いましたが、入り口閉まっていますね。

入り口に、赤い文字の看板が見えて、嫌な予感しかしません。

 

やっぱり・・・。定休日。

食材は何も持っていないので、絶食キャンプにしようか2秒ほど考えて、やはり食材を買いに行くことに。

スーパーまで戻ると20分は車で走ることになるため、最寄りのコンビニへ。 

 

道の駅の食材を使って、ご飯を作るのを楽しみにしていた自分に早く教えてあげたかった。

「今回のキャンプは、コンビニ飯だよ」と。

 

ひたすら焚き火と読書で一晩過ごす

コンビニで買い物した後に、車を走らせ大滝山いこいの森キャンプ場へ。

まずは管理棟に立ち寄り、チェックイン。

コロナ感染対策として検温と使用料金のお支払い。

 

管理棟から車で30秒のキャンプ場駐車場。

 

ここはエリアが2つに分かれており、今回は区画が少し小さめの第2キャンプ場を利用します。

この橋を渡ると、

キャンプ場内。

木々に囲まれて、心地よい空間です。

 

キャンプ場横には川があり、夏場に子どもが遊ぶには十分です。

この日は水量が少なかったですが。

 

2種類あるテントサイト。

1つはデッキサイト。

 

もう1つは、地面が土のサイト。

丸太の仕切りは4m×4m、プラスαで周辺が広いのと常設テーブルがあるため、ソロキャンプには十分な広さです。

 

ここをキャンプ地とします。

 

今回は新たに購入した軍幕テントで過ごします。

「bundok ソロティピー1 TC」

【BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TC レビュー】魅力的な部分が多すぎて、焚き火好きソロキャンパーの味方だった。

2020年9月17日
 

 

地面は土ですが、直火はもちろんNG。焚き火台を使用すればOKで、シートがあればベストとのこと。

 

薪は持参しましたが、周囲に落ちている枝などを広い集めれば、十分に楽しめそうです。

 

設営終えたのが15時過ぎ。

夕食の時間にはまだ早いため、焚き火をしながら本を読みます。

 

ひたすら読み続けます。

 

暗くなってきたので、そろそろ夕食です。

コンビニ飯!

これらをアレンジすることなく、ただ食べるだけです。

『キャンプに来て、コンビニごはんを食べるなんて・・・』と、誰に迷惑をかけることもないのに、後ろめたさを感じながらの夕食です。

とはいえ、キャンプを終えて感じたのは、これはこれで楽チンで贅沢な時間でした。

 

夕食を済ませて暗くなっても、また本を読み続けます。

 

ひたすら読み続けている本は、ホムンクルスという漫画です。

kindle unlimited で3冊くらい無料で読んだあと続きが気になり、全巻レンタルしてキャンプ場に持ち込んだのです。

created by Rinker
¥605 (2020/10/24 10:58:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

その後も焚き火と読書が続き、全巻読破です。

 

気付けば23時。

キャンプ場に街灯はなく、曇天のため周囲は真っ暗。

他のキャンパーのランタンの明かりが、わずかに見えるくらい。

 

最後に焚き火を見ながら、ビールを飲んで寝落ちしました。

 

大滝山県民いこいの森キャンプ場の基本情報

住所

〒761-1613

香川県高松市塩江町上西甲2326-14

第1キャンプ場は、車で30秒移動した場所です。

 

使用料

1泊2日:一般260円、子ども(高校生まで)150円。

デイキャンプ:無料

電話(087−893−0345)で事前予約し、当日利用申請書を記載して使用料を支払い。

有料キャンプ場ですが、格安ですね。

 

利用のルールなど

一般的なルールやマナーが守れれば、問題ありません。

 

炊事棟はキレイで使いやすそうでした。

 

炊事場に隣接する灰捨て場。

 

トイレは電気がきているので、子どもも安心して夜間でも利用できます。

 

買い出し

管理棟に自販機はなく、食料品の販売もありません。

近くで買い出しをするなら、道の駅しおのえが分かりやすいです。

キャンプ場から車で15分。

 

さいごに

大滝山県民いこいの森キャンプ場に、子どもが小1の頃以来に遊びに行きました。

管理スタッフが丁寧対応で気持ちよかったですね。

利用したのは9月の平日。

高松市街地は日中気温31℃でしたが、同じ高松市でも山間部のキャンプ場は26℃。

暑い日に涼を求めてキャンプするなら、やはり山ですね。

まつり
次回は第1キャンプ場を利用するきん。

では、素敵なアウトドアライフを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です