香川県小豆島の「吉田キャンプ場」。温泉が近く、島内最安値でおすすめ。

香川県、小豆島、吉田キャンプ場




まつり(@matsuri06)です。

2020年最初のキャンプ、香川県の小豆島にある「吉田キャンプ場」に行ってきました。

小豆島でのキャンプは人生初です。

キャンプ場を一通り調べて、いくつか実際に見て、居心地が良さそうだった「吉田キャンプ場」を選択しました。

使用感等も含めて、紹介しておきます。

意外と遠かった、吉田キャンプ場

吉田キャンプ場は、小豆島の北東の位置にあります。

高松市の自宅から高松港、高松港からジャンボフェリーで小豆島の土庄港へ渡ります。

土庄港から車で40分の場所にありました。

国道436号線に小さな看板があります。

ここに入って、細い道を走ること1分。

吉田キャンプ場に到着。

小豆島には無料のキャンプ場がないため、吉田キャンプ場が最安値。

車乗り入れ可能なキャンプ場と友人から聞いていたため、そのまま入ります。

細長いキャンプ場。

徒歩10秒で辿り着ける砂浜。

砂浜には、ほとんどゴミがなくキレイです。流木もないため、焚き火をする際の薪は、準備して行ったほうがよいです。

1月上旬に利用者はいないだろうと思っていましたが、まさかの先客。

管理者が見当たらないため、先客に利用方法を聞こうとするも不在。

キャンプ場の利用のルールなどの看板はなく、あるのは料金表のみ。

大人600円、子ども300円。

小豆島に無料のキャンプ場はないため、ここが最安値です。

しかし、連絡先がないため、支払うことができません。

まつり
連絡先かチェックイン方法の表示はあったほうがええきん。

そのうち誰か来ることを願って、先客同様にテントを張ることにしました。

新調した軍幕テント「BUNDOK ソロベース」の初張りです。

バンドック、BUNDOK、ソロベース

【BUNDOK(バンドック) ソロベース レビュー】風が強い日に感じたマイナス点を考慮しても、コスパが高かった。

2020年1月8日

テント設営した頃に、遠くからこちらに歩いてくる地域のおばあちゃん。

キャンプ場の管理者でした。

親切な管理人と最低限の施設が充実している、吉田キャンプ場

キャンプ場の管理者と20分ほど話をしました。

チェックイン手続きの前に、テントを張っていい

管理者
どこから来たんですか?

まつり
高松からです。利用料は、どこでお支払いすればいいですか?

管理者
ここで、私が受け取りますね。大人ひとり600円です。

まつり
ちょうどあります、はいどうぞ。

おつりが出ないよう、ちょうど準備しておくほうが良さそうです。

管理者
こちらに名前や住所を書いてくださいね。

ノートに個人情報を書きます。

まつり
料金を支払うタイミングが分からず、困っていました。定期的に来られているんですか?

管理者
お客さんがテントを張り出すと、集落から見えますから、それを確認して徴収するようにしていますよ。

まつり
なるほど。では入場したら、とりあえずテントを張っていいということですね。

管理者
次の日に出発する時間は、遅くなりすぎないように出れば大丈夫ですよ。

まつり
チェックアウトの時間も、特に決まっていないんですね。

水道水が使えるため、飲料水の準備は不要。

ここで施設の説明を聞きます。

管理者
ここはトイレ。暗くなってからも使いやすいように電気をつけておきますね。

水洗の大と小が2つずつあり、男女共用です。

管理者
こっちは流し。洗い物など自由にどうぞ。

まつり
水は飲めますか?

管理者
飲めますよ。この周辺の家と同じ水道水が出ます。「吉田の水はおいしい!」というお客さんもいますね。私は毎日飲んどるから分かりませんが(笑)。

この洗い場を背に、今は使っていないであろう炊事場があります。

管理者
焚き火をするなら、これらは焚き付けに使ってください。

管理者
ゴミはこちらに入れてください。

まつり
ゴミを捨てれるんですね。バイクや自転車で来た人は喜ばれますね。

管理者
スマホの充電などはできていますか?

まつり
大丈夫ですよ。

管理者
もし必要になったら、ここを使ってください。

案内してくれたのは洗い場の裏手にある水シャワースペース。もしもの時に充電できるのは、ありがたいです。

近くに温泉付きキャンプ場「小豆島オートビレッジYOSHIDA」がある

まつり
吉田キャンプ場は、水シャワーだけですか?

管理者
汗を流したい人は、オートキャンプ場の吉田温泉に行ってもらっています。300円で誰でも入れますから、ぜひどうぞ。

まつり
近くにありますね。あとで行きます。

車で3分、歩いて10分の場所にある「小豆島オートビレッジYOSHIDA」。

キャンプ場あり、温泉ありの施設です。

まつり
こんな寒い時期(1月上旬)にキャンプに来る人は、いないんじゃないですか?

管理者
少ないね。多い時はゴールデンウィーク。キャンプ場の端から端まで、いっぱいになりましたよ。

テントの大きさにもよりますが、車を横付けで15組くらいいけそうです。

予約ができないため、繁忙期の利用は要注意です。

管理者
ゆっくり楽しんでいってください。

まつり
これだけの設備があれば、十分です。ありがとうございました。

夜間は明るすぎず暗すぎない、吉田キャンプ場

風呂も済ませて夜の時間、ひたすら焚き火を楽しみます。

トイレも炊事場も明かりがあるため、夜間も使いやすいです。

場内はこんな感じです。

日中に砂浜から見た景色は、

夜は、ほぼ明かりがありません。

夕飯時。ステーキを焼こうと思いきや、スキレットを忘れるという痛恨のミス。

仕方なく、持ち合わせていたセリアのコッフェルで、ステーキを焼くことに・・・。

ステーキを4分割して焼いていきます。

「コッフェルがあれば、スキレットはいらんよね。」と自分に言い聞かせて、腹を満たしました。

一晩過ごしてみて、とても気持ちよく過ごせました(ステーキを焼くこと以外)。

繁忙期は隣のキャンパーと距離が近くなりそうなので、次回利用する際も閑散期を狙いたいです。

吉田キャンプ場の基本情報

住所

香川県小豆郡小豆島町吉田甲77

高松との便数が多い土庄港からは、車で約40分。

関西方面なら、姫路から福田港に渡り、車で約10分。

まつり
土庄港からは以外と遠い。小豆島は広いきん。

使用料

大人は600円、子どもが300円。

道具レンタル等は、なし。

常駐スタッフが見当たらないのに、キャンプ料金だけが表示されており、テントは張ってよいか最初は戸惑いました。

テントを張っていると、管理者の吉田自治会のおばちゃんが集金に来てくれました。利用料支払いの際に、名前や住所をノートに記載して、チェックイン完了です。

テントを張り出すと利用者だと確認できるため、支払い前にテントを張ってOKとのことです。

まつり
テントを張ってから料金を支払うという珍しいパターンやきん。

営業時間・定休日

特になし。

夜遅くに来て、朝早く出る場合には、管理者が来れないため要注意です。

利用したのに管理者が来なかった場合は、近所で確認するといいかもしれません。

利用のルール

特になし。

一般的なマナーを守って利用するとよいのでしょう。

買い出しなど

徒歩5分の場所に自動販売機があります。

温泉がある「小豆島オートビレッジYOSHIDA」で、ビールやアイスは販売していました。

食材を購入できる場所は、近くにありません。

キャンプ場に行く前に購入しておくといいでしょう。

まつり
この日は車で20分くらいの場所にあるマルナカ内海店を利用したきん。

香川県のフリーサイト&無料のキャンプ場

香川県には、フリーサイトかつ無料で利用できるキャンプ場がいくつかあります。

吉田キャンプ場は小豆島で使用料が最安値のため、私が実際に利用した場所をまとめた記事に入っていますよ。

オートキャンプ場以外の場所を探している人には、参考になるはずです。

香川県の無料で利用できるキャンプ場とフィールド。場所によって違うおすすめポイント。

2020年2月11日

さいごに

小豆島にある「吉田キャンプ場」を紹介しました。

ここをキャンプ地に決める前に、ひと通り島内のキャンプ地を巡りましたが、利用ルールが不明だった点を除いては、最高でしたね。

次回、小豆島でキャンプをする際には、SUPのベースキャンプ地が作られる予定の小部キャンプ場を利用する予定です。

では、素敵なアウトドアライフを!

香川県の無料で利用できるキャンプ場とフィールド。場所によって違うおすすめポイント。

2020年2月11日



香川県、小豆島、吉田キャンプ場