【BUNDOK ソロベース レビュー】風が強い日に感じたマイナス点を考慮しても、コスパが高かった。




まつり(@matsuri06)です。

毎年、家族で行っていたキャンプ。

子どもが大きくなり、ファミリーキャンプをする時期を終えました。

7年ほど活躍したテントに、一旦別れを告げます。

さらば、まだウサギがロゴになっていない頃のDODのテントよ。

 

これからは、ソロキャンプを楽しむことにしました。

そこで、購入したテントが「BUNDOK ソロベース」。

BUNDOK(バンドック)
¥19,647 (2020/01/26 03:06:00時点 Amazon調べ-詳細)

ソロキャンプ用のテントで、一時期Amazonベストセラーになっていました。

まつり
注文した時、入荷待ちやったきん。

 

2019年の年末に届き、初張りをウズウズしながら待ち、2020年1月4〜5日のソロキャンプで試してきました。

試した場所は、香川県小豆島にある「吉田キャンプ場」。

香川県小豆島の「吉田キャンプ場」。温泉が近く、島内最安値でおすすめ。

2020.01.06

最低気温4度、最大体感風速10m。

テントの性能を確認するには、ちょうど良い寒さや海風でした。

 

「bundok ソロベース」の魅力

私が購入時、すでにAmazonの評価は高く、ベストセラーでした。

ユーザーは、ベタ褒めしまくりです。星5つ中の4.7ですから。

「bundok ソロベース」は次の点を抑えて、2万円以下だから魅力的です。

  • 素材がポリコットン(燃えにくい)
  • ポリコットンで重量が4.4kgと軽量
  • インナー(蚊帳)付き
  • 焚き火が楽しみやすい仕様

まつり
Amazonの写真で見るより、実際は落ち着いた色やきん。

 

組み立てが簡単

実際に使ってみての魅力は、これらに加えて設営が簡単だったことです。

初めて開ける状態から、

 

収納袋に縫い付けている取扱説明書を初見で、

 

パップーテントの状態にし、

 

前面を開けて、

 

インナーを取り付けるまで、15分ほどでした。

まつり
初見で迷うことなく、セッティングできるきん。

 

持っていた道具との相性が良かった

インナーテントに、愛用している「DODバッグインベッド」が、ピッタリ入ります。

テントに合わせて、コットを買い直す必要がなくて良かったです。

まつり
事前にサイズチェックしとったきん。

ここまでで十分に2万円以上の価値はあると、確信しました。

BUNDOK(バンドック)
¥19,647 (2020/01/26 03:06:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

「bundok ソロベース」のイマイチだった点

ここからは、実際に1晩過ごして、イマイチだった点を4つ紹介します。

  1. 隙間風が入る。
  2. ペグが弱い。
  3. タープ部分がたわむ。
  4. コットを使うと、若干狭い。

 

1 隙間風が入る。

天幕が地面に接地しないため、隙間風が下から入ってきます。

 

暑い時期は風が通ってよいですが、寒い時期は困ります。

いろいろ試しましたが、付属の部品では解決できませんでした。

これの解決策としては、天幕が地面に接地するようなポールを別途購入するのがよさそうです。

ちなみに、この日は寝袋2枚重ねて就寝。これなら寒さを感じず過ごせました。

まつり
極寒の地では、使わんきん。

 

2 ペグが弱い。

テントやタープの付属品であるペグが弱いことは多々あります。これも同様でした。

海風が強い(最大体感風速10m)のため、付属のペグ(左)と念のためエリッゼステーク28cm(右)を使っての設営です。

 

風が強くなってきた20時過ぎ。天幕を止めていたペグが外れました(写真左)。

 

その直後に、もう1箇所。エリッゼステークは、ビクともしません。

 

結局この日は、付属のペグは3箇所外れました。

風が強い日や地面が硬いフィールドでは、付属のペグは役に立たないということです。

まつり
ペグあるあるやきん。

2020年1月以降は、ペグが改良されているようですが、それでも弱い気がします。

 

3 タープ部分がたわむ。

無風状態であれば問題ありませんが、風が強いとガイロープが緩みます。

すると、タープ部分がたわみバザバサと上下に動きます。

まつり
足の低いタキビチェアに座っても、幕が頭に当たるきん。

 

別のポールを準備していたことを忘れていたため、一晩過ごしましたが、翌朝改善策を試しました。

ノーマルの状態です。

 

170cmくらいのポールで立ててみました。これならタープ部分がたわんでも頭に当たることはないでしょう。

 

タープ部分の中央にポールを立てるパターン。これだと準備するポールは1本。

イスが中央に置けず、使い勝手がイマイチかもしれません。

まつり
風が強くなければ、問題ないきん。

 

4 コットを使うと、若干狭い。

1月上旬で虫は1匹もいませんが、初張りのためインナーテントも使ってみました。

中にはコットを入れて寝ました。コットの高さ分、上部の体積が小さくなり、狭くなります。

 

風が強いとインナーテントが揺れて、更に狭く感じました。

とはいえ、感じるだけで寝るには問題はありません。ささいなことです。

そもそも、「コットと相性がいい!」という謳い文句はありませんから。

まつり
インナーテントなしなら、問題なかったきん。

 

さいごに

ソロキャンプ用に購入した「BUNDOK ソロベース」。

風が強い環境で使用して、イマイチと感じた点を4つ紹介しました。

  1. 隙間風が入る。
  2. ペグが弱い。
  3. タープ部分がたわむ。
  4. コットを使うと、若干狭い。

裏返せば、風が強くなければ問題なく使えるということです。

それでも2万円の価値は十分にあると感じたので、これからソロキャンプで活躍してくれるでしょう。

まつり
色の選択肢としてカーキ以外に、ベージュやブラックも欲しかったきん。

では、素敵なアウトドアライフを!

BUNDOK(バンドック)
¥19,647 (2020/01/26 03:06:00時点 Amazon調べ-詳細)