SOTOステンレスダッチオーブンが重宝される3つのポイント【ダッチオーブン購入する際の有力候補】

スポンサードリンク

まつり
こんにちは!日常生活でダッチオーブンをガンガン使用しています、まつりです。

アウトドア活動時の食事を盛り上げてくれる魔法の鍋「ダッチオーブン」。一台あれば、これだけのことができるので、とても重宝します。

  • 焼く
  • 蒸す
  • 炒める
  • 揚げる
  • 燻す
  • 炊く
  • 煮る など

そんな魔法の鍋、家でも活躍してくれる銘器「SOTO ステンレスダッチオーブン」が重宝される3つのポイントを紹介しますよ。

1 IHクッキングヒーターでも使用可能

ダッチオーブンは、キャンプなどで使用する印象が強いです。せっかく購入したアウトドアの道具は、日常生活でも使いたいですよね。

SOTOのダッチオーブンは、直火はもちろんIHクッキングヒーターでも使用が可能です。オール電化住宅に住んでいる人には、ピッタリです。

まつり
我が家では、IHクッキングヒーターの横で、いつでも使えるように待機していますよ。

2 メンテナンスしなくてOK

『メンテナンスが面倒くさい』という理由で、ダッチオーブンを持たない人がいます。鋳物・鉄製品が主流ですので、シーズニングという慣らしが必要な製品が多いです。洗剤を使ってはダメ、しつこい汚れをタワシで擦るのはダメ、使用後にはオイルを塗る、など片付けに手間がかかります。これをしないと、錆びたり、短命になります。

SOTOダッチオーブンは、ステンレス製品なので、シーズニングが不要です。汚れを落とすときもガシガシ洗えますよ。

まつり
使用頻度が高いと、シーズニングの手間がないことが、ありがたいですね。

3 作ったものをそのまま置いておける

特に鋳物製品。煮込み料理など食べきれなかった時、ダッチオーブンに料理をそのまま入れっぱなしにしておくと、経過時間によっては錆びてダメになることがあります。

SOTOダッチオーブンは、ステンレス製品なので、そのまま放置でOKです。夕飯に寄せ鍋を作って、翌朝に鍋の残りを使って雑炊を作るのが可能ということです。夕飯の残りを翌朝食にアレンジする賢い(ズボラ?)人にオススメです。

まつり
作った料理がダッチオーブン内に余った時(あえて余らせた時)、翌日アレンジは王道パターンです。洗い物も減って一石二鳥です。

サイズ選びは、食事人数と使用用途を考慮して検討しよう

サイズは8インチ、10インチ、12インチの3種類あります。家で使う機会が多い場合は、8インチか10インチがいいですよ。12インチは大きいので、場所を取りますからね。

4人家族までなら10インチで十分です。次のような場合は、12インチを選んでもいいかもしれませんね。

  • 友人を招いてのホームパーティをする機会が多い。
  • 複数家族でキャンプをする機会がある。
  • 毎日同じものを食べても飽きない。(大量に作る。) など

まつり
我が家は3人家族なので、10インチです。これで日常は十分、友人が遊びに来てご飯を一緒に食べる時でも、間に合っていますよ。

 

いかがでしたか?

「SOTO ステンレスダッチオーブン」について、紹介しました。アウトドア派にはもちろん、インドア派にも使い易いダッチオーブンです。

使い易いですが、価格は安くありません(笑)。しかし、それだけの価格相応、いやそれ以上の価値がありますよ。『ダッチオーブン欲しいなー。』と思った時の候補の一つに挙げてみてくださいね。

あわせて読みたい

【SOTO ステンレスダッチオーブン】3つのオプション製品の必要性を確認しますよ。

 

 

まつり
我が家は、圧力鍋が壊れたことをきっかけに、購入しました。その機能も備え、キッチンでオールマイティな活躍をしてくれていますよ。

では、素敵なアウトドアライフと素敵な食卓を!

 

スポンサードリンク