たこ料理で「たこ天」と「たこ飯」作ればハズレなし!

スポンサードリンク

こんにちは、まつりです。

6月24日、かがわ里海大学が主催する「磯の生き物観察力講座」に参加しました。かがわ里海大学では、「里海プロガイド養成講座」や「里海体験ツアー」など、いつも私は講師側です。今回、磯業界では著名な方が大阪から講師で来られるということで知識を深めるために参加しました。

かがわ里海大学は、里海づくりに求められる人材育成を目的とした「学びと交流の場」です。里海づくりをけん引するために必要なスキルや知識を高める講座から、広く里海への理解を深めていただく一般向けワークショップや体験ツアーまで、様々な講座を随時開講します。

小講義を終えてフィールドワークを2時間ほど実施しました。生息する生き物を次々捕まえては質問して『へー!』『ほっほー!』と知識を深めていきます。


ウニが多く生息していました。


形がイボイボで同じようだが、色が違うので名前も違います。
左がイボニシ、右がレイシガイ。


アメフラシも食べれるようですが、講師の先生は食べたことがないようです。食用ではないみたいです。今回は食べませんでしたが、次回出合ったときは食べて感想を共有しましょう!


なまこ。とりあえず何でも手に乗せます。

中でもインパクトの強かったのが、コイツ。

タコ!!
夕食の材料として、まるまる一匹お持ち帰りすることになりました。

帰宅してタコ調理。

たこの表面に塩をこすりつけ、ぬめりを取ります。
キレイな体になり、まな板に横たわるタコ。

2品作りますよ。
まずは、

タコの天ぷら

材料

・タコ 頭と足4本
・片栗粉 適量
・油 適量
●小麦粉 50g
●卵 1個
●水 100cc
●クレイジーソルト 小さじ0.5

<h3>作り方</h3>
1 タコを3〜4cmの一口サイズに切る。小さい子どもも食べる場合は更に食べやすい大きさにしておく。

2 油を鍋に入れ180度にしておく。その間に●の材料をボールに入れ、混ぜておく。

3 タコの表面に軽く片栗粉をつけ、次に●を混ぜたボールにくぐらせ、3分揚げれば完成!

まつり
揚げたて最高です!この量は3人家族の我が家では当然多かったので、半分は友人宅におすそ分け。磯の香りを楽しみたい方は青のりなど入れるといいでしょう。●が余る場合は、冷蔵庫にある残り物や野菜を適当に切って使い切るのがいいですね。

では次!

タコめし

材料

・米 1.5合
・出汁 1.5合炊く量
・タコ 足2本
・枝豆 50粒程度
・乾燥ひじき 大さじ1
・醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1

出汁は好みがありますが、手っ取り早いのは「粉末だしの素(大さじ1)と水」を混ぜて作りましょう。

作り方

1 米を研いで、釜に出汁と一緒に入れておく。

2 タコを1〜2cmくらいに切って、残りの材料と共に釜に入れ、炊飯スイッチON!

3 炊き上がったら完成!

まつり
枝豆はなくてもいいですが、あると見た目もいいし、食感もいろいろ楽しめます。我が家では枝豆シーズンになると、常に塩茹でした枝豆をタッパーに入れてストックしています。タコさえあれば楽チンレシピです。

では、良い食卓を!

スポンサードリンク