最後まで燃やしきるスウェーデントーチの作り方のコツ




まつり(matsuri06)です。

2014年から始まった薪ストーブ生活。

薪は自分で作っていまして、その中で薪割りがしづらかったり、薪に向いていない木は、キャンプで役立つあるアイテムに変身させています。

 

それは「スウェーデントーチ」。

「スウェディッシュトーチ」や「木こりのろうそく」とも呼ばれる、きれいな焚き火と調理が同時に楽しめる優れもの。

最近では、薪と一緒に並べて販売しているキャンプ場も見かけます。

 

今回は、できる限り最後まで炎を楽しめるスウェーデントーチの作り方を紹介しておきます。

 

スウェーデントーチの作り方はシンプル

スウェーデントーチを作る際に使用する道具は、チェンソーとインパクトドライバー。

 

スウェーデントーチに変身してもらうのは、1年間寝かしておいたクスノキ。

 

まずはチェンソーで切っています。

下から4−5cm程度のところまで切っておきます。

次は90度回転させて、十の切れ目が入るように同じ高さまで切っていきます。

 

これでも完成ですが、最後に一手間加えておきます。

上下をひっくり返して、中央にインパクトドライバーで穴を空けます。

最初に入れた十文字の切れ目まで貫通させれば完成です。

 

下から見たスウェーデントーチ。

この穴があることで、スウェーデントーチの下部が燃えやすくなります。

チェンソーの切れ込みだけだと、矢印の部分まで燃えて終わるのが一般的です。

しかし、空気孔の役割を果たす穴を空けることで、最後まで燃やすことができるのです。

まつり
途中でひっくり返しても、全部燃やすこともできるきん。

 

スウェーデントーチの燃やし方

スウェーデントーチの燃やし方は簡単です。

燃やし方の手順

  1. 焚き火台をセット
  2. 焚き火台にスウェーデントーチを置く
  3. スウェーデントーチの上部中央に着火剤を置く
  4. 着火

あとは炎を楽しんだり、調理したり、自由です。

 

実際にこのスウェーデントーチを燃やした動画がこちら。

 

動画の1時間14分あたりから底面から炎が出てくるのが確認できます。

その後、4分割されて最後まで燃え切ってくれます。

 

スウェーデントーチの価格は、2000円前後

スウェーデントーチを作れない人は、購入することになります。

(友人から貰うという手もありますが・・・)

キャンプ場、道の駅、ホームセンターなどで販売しているのを見ると1500円〜2500円くらいの価格設定が多いですね。

薪同様に、広葉樹で大きい方が燃焼時間は長いですよ。

アマゾンなどで購入する場合は、送料の方が高い場合もありますから、よく確認しておきましょう。

 

さいごに

スウェーデントーチの炎は、めちゃくちゃキレイです。

一度も体験したことがない人には、ぜひ体験してもらいたいですね。

まつり
夜に使うと、ロマンチックやきん。

では、素敵なアウトドアライフを!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です