香川県高松市の「男木島灯台キャンプ場」。サザエと焚き火と夕日が最高でした。

香川県高松市,男木島灯台キャンプ場,ソロキャンプ




まつり(matsuri06)です。

離島のキャンプ場に人が溢れることはないと予想し、香川県高松市にある「男木島灯台キャンプ場」に行ってきました。

男木島に渡ってからキャンプ場までの移動距離が約2kmあることから、人生初の自転車でキャンプ場に向かうことにします。

 

自転車料金を含めて、往復1700円。

 

高松港と女木島・男木島を結ぶフェリー「めおん号」に乗船します。自転車で乗り込むのは私だけです。

 

フェリーに乗ること40分、男木島に到着。

 

 

買い物はできるだけ島でする

下船したら、買い出しです。

せっかく男木島に来ているのに、海産物を食べない手はありません。

男木港から徒歩1分、漁師の店「海征食堂」へ。

 

店頭で焼いているサザエのつぼ焼きを発見して、即購入が決定です。

 

メニューは、すべてサザエ。

まつり
男木島に遊びに来たら、いつもタコ料理を食べるけど、今回はなかったきん。

サザエメニューをすべて購入し、これを夕食とします。サザエキャンプです。

ビールは割高ですが、ここで購入します。よそから遊びに来た人が、島にお金を落としていくのは大切なことです。

 

買い出しを終えて、いざ男木島灯台キャンプ場へ。

移動距離は約2km。自転車で、スイーッと移動します。

 

 

ところが、いきなり急勾配の上り坂。心が折れかけます。

 

道中にある看板に勇気付けられながら、自転車を押し進めます。

まつり
「男木島灯台まであと○○km」の看板が何箇所かあって、迷うことはないきん。

 

上り坂が400mほど続いた後は、平坦とゆるい下り坂が続きます。

「自転車で来てよかったー!」と、気持ちよく下っていきます。

帰りは逆に、ゆるい上り坂になり、苦しめられるのです。

 

坂をゆっくり下ること数分。目的地が見えてきました。

 

男木島灯台キャンプ場に到着です。

 

男木島灯台キャンプ場は、超コンパクト。

施設案内図を確認すると、こじんまりとしたキャンプ場であることが分かります。

 

まずは、フィールドへ移動。

テントは5張りくらいが限界に感じる広さです。

 

キャンプ場にあったのは、

常設の焚き火スペース。

 

灰捨て場にもなっている、ファイヤーサークル。

 

水場。水道を引いていますが、使用頻度が少ないため、飲料水にするなら一度沸かして使います。(管理スタッフ談)

 

トイレは場内入り口にあり、建物両サイドはシャワー室(水のみ)になっています。

キャンプ場を確認している時点では、ちらほら観光客もいたため、テントを張るのを保留としました。

ここで、サザエのつぼ焼きを食べて一休み。うまい!

 

まつり
今まで見てきたキャンプ場で、一番コンパクトやったきん。

 

隣接する砂浜もキャンプOK

キャンプ場からは、砂浜に出入りができます。

 

閑散期は、プライベートビーチです。

 

流木が大量にあるため、薪が尽きることはなさそうです。
焚き火をエンドレスに楽しめることができそう。

 

決めました!キャンプ場外ですが、ここをキャンプ地とする!

 

周辺を散策して、お腹も減ってきたので、サザエの天ぷらをつまみます。うまい!

まつり
海征食堂の本日最後の客だったため、おまけで少し増量してくれたきん。

キャンプ場外にテント設置完了。

 

小さなキャンプ場のため、利用者が多いと場内に人が溢れかえるため、隣接した砂浜もテント泊OKのようです。

 

夕日も朝日も鑑賞できる

この日は快晴だったので、夕日がキレイに見えることを期待していました。

少し雲がありましたが、抜群の夕日スポットでした。

 

日が沈み、灯台のシルエットもキレイです。

 

夕飯は当然サザエづくし。ここでサザエ飯登場。うまい!

 

外灯は、キャンプ場入り口の1箇所のみ。そのため、星がとてもよく見えます。

 

日中15度あった気温が徐々に下がり、焚き火なしでは過ごせない夜。

流木とビールが、どんどん無くなっていきました。

 

一夜明けて、朝日も鑑賞できました。

まつり
夕日と朝日を水平線で確認できる貴重なキャンプ場やきん。

 

男木島灯台キャンプ場の基本情報

住所

〒760-0091 香川県高松市男木町1062−1

 

高松港から男木港までフェリーで40分。男木港から徒歩で約20分。

 

使用料

4〜10月は、テント1張り300〜500円(大きさによる)。

この期間以外の開設時期は無料。

 

営業時間・定休日

利用可能時期は、3〜11月。

 

利用のルール

場内に設置されている看板に従って、利用するだけです。

 

海は近くにありますが、潮の流れが早いため、遊泳は禁止です。

 

買い出しなど

島で食料品を購入するなら、JAがあります。ただし、約200名の島民が利用する規模です。

島外で買い物をしておくのが無難ですが、島にお金を落とすことも大切です。

ちなみに私が利用した「海征食堂」の営業時間は、10ー15時(日によって17時)です。

キャンプ場内には、自動販売機が1台あります。

 

問い合わせ先

高松市男木出張所(087−873−0001)に連絡をすると、島内の管理スタッフの電話番号を教えてもらえます。

その際に、不明な点があれば確認するといいでしょう。

 

駐車場

男木島にフェリーで行く際、高松港周辺の駐車場はいつも「チケットパーク北浜町第2」を利用しています。

 

この周辺は、24時間500円で利用できる駐車場があります。台数は少ないですが、高松港周辺では最安値でしょう。

 

男木島へのアクセス方法や楽しみ方は、「男木島マニアが島への行き方・見どころ・楽しみどころを紹介します!」を参考にしてみてください。

 

その他

徒歩もしくは自転車での移動を考えると、荷物はできるだけコンパクトかつ軽量化しておくといいでしょう。

焚き火台も軽量級のものを選択することになります。

メッシュシートの焚き火台。オススメしたくなる3つの要素とは?

2018年12月11日

 

香川県のフリーサイト&無料のキャンプ場

香川県には、フリーサイトかつ無料で利用できるキャンプ場がいくつかあります。

男木島灯台キャンプ場も、私が実際に利用した場所をまとめた記事に入っていますよ。

オートキャンプ場以外の場所を探している人には、参考になるはずです。

香川県の無料で利用できるキャンプ場とフィールド。場所によって違うおすすめポイント。

2020年2月11日

 

さいごに

離島でのどかな時間を過ごせる、最適なキャンプ場でした。

フェリーで40分、徒歩で20分移動してまでキャンプする人は、なかなかいないはず。次回は春か秋の気持ちいい時期に、利用したいですね。

まつり
3月のため利用料は無料やったけど、旅費と食費で6000円くらい使ったきん。

では、素敵なアウトドアライフを!

香川県の無料で利用できるキャンプ場とフィールド。場所によって違うおすすめポイント。

2020年2月11日



香川県高松市,男木島灯台キャンプ場,ソロキャンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です