メッシュシートの焚き火台がオススメ。つい欲しくなる3つの要素とは?




まつり
こんにちは、まつり(matsuri06)です。

キャンプなどで、焚き火をする際に欠かせない道具「焚き火台」。

たくさんの種類があり、どれを購入するべきか迷います。

先日、軽量・設営撤収が簡単・価格が安いと、3拍子揃った焚き火台を見つけました。

これです。

メッシュシートの焚き火台。

初めて購入する人にも、すでに焚き火台を持っている人にも、オススメできるアイテムでした。使用感含め、紹介していきますよ。

 

メッシュシートの焚き火台は、軽量。

キャンプ道具が増えてくると、荷物をできるだけコンパクトかつ軽くしたい、という思いが出てきます。

 

今回紹介する「メッシュシートの焚き火台」は収納時、コンパクトかつ軽量なんですね。

収納袋に入っている状態で、6cm×6cm×65cm。荷物の隙間に差し込めるサイズです。

収納袋にプリントされている「BAGUS」は、おそらくメーカー名でしょう。

 

収納袋の片端にあるマジックテープを外すと、本体を取り出せます。

まつり
聞いたことがないメーカーは、たいてい made in china ですね。

 

焚き火台の四脚に、ステンレスメッシュシートを巻いて収納されています。

 

焚き火台のパーツの全てです。『これだけ?』って感じですが、これだけです。

  • 収納袋
  • 焚き火台の四脚
  • ステンレスメッシュシート

すでに5回ほど使用して写真撮影したため、メッシュシートが変色しています。新品の状態は、もちろん、キレイですよ。

重量は900gで、やたら軽いです。焚き火台で不動の人気を誇る「スノーピーク(snow peak) 焚火台 Lスターターセット [5~6人用]」の重量の1/12ですからね。

まつり
私が普段使用している「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 ダッチオーブン 1台3役 ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-6500」は3.8kgと軽いですが、これの1/4の重量です。うん、軽い。

 

メッシュシートの焚き火台は、設営撤収が簡単。

設営方法は、とてもシンプル。

 

メッシュシートの四隅に付いているピンを、四脚の先端に差し込むだけ。

 

指の力が特別必要でもありません。子どもでも簡単に差し込めます。

 

差し込みながら、四脚を広げれば設営完了。収納袋から取り出し、1分以内でできますよ。

 

細くて薄いため、耐荷重が気になっていましたが、表示は5kgまでOKとのこと。

ヒノキ薪だと、これぐらいの量を乗せても大丈夫です。こんなに乗せませんけどね。

 

メッシュシートの焚き火台は、薪がよく燃える!

実際にメッシュシートの上で、火を起こしていきましょうか。

 

薪に焚き付けを立てかけて、準備OK。

 

着火材は牛乳パックです。

牛乳パックだけで、炭火は起こすことができる!アウトドア料理の際に役立つよ。

2017.11.06

 

焚き付けが燃え始めたから、枝を追加します。

 

この時に、メッシュシートに触っても熱くありません。

 

四脚部分も熱くないため、触ることができますよ。

 

細い灰でも、メッシュシートの上に溜まっていきます。

 

火が強くなってきました。

この焚き火台は囲いがないため、360度全方向から酸素が供給されます。だから、他の焚き火台より燃えやすい構造になっていますよ。

ただし、かなり風が強い環境で使用する際には、燃えている細い薪が飛んでいく可能性があります。これは注意しておく必要がありますね。

 

灰が増えても、メッシュシートの隙間から落ちることはありません。

 

最初に置いたヒノキ薪が燃え尽きるまで、マシュマロでも焼いて焚き火をします。

「焼きマシュマロ」の簡単レシピBEST5。あなたは、いくつ試したことある?

2017.12.05

 

もう少し。

 

焚き火開始1時間後。メッシュシートの隙間から灰は落ちていませんね。

 

焚き火開始2時間後。最初に置いたヒノキ薪が燃え尽きたから、片付けます。

中央部分は熾火が若干あるため高温ですが、周囲は触っても熱くありません。

 

若干の熾火と灰を払い落とし、30秒後。

 

メッシュシートの中央部分を、普通に触ることができます。

ということは、灰を捨てた直後に片付けることができるんですよ、この焚き火台。

ほとんどの焚き火台は、ステンレスの板で囲ってあり、焚き火後も熱を持っており、すぐに片付けることができません。

撤収寸前まで焚き火が楽しめるから、かなり嬉しいことなんですよね。

 

収納する際は取り出し時同様に、四脚にメッシュシートを巻きつけて収納袋に入れるだけです。

まつり
キャンプの時に、撤収時間ギリギリまで焚き火を楽しめるのは、嬉しいです。

 

メッシュシートの焚き火台は、価格が安い。

焚き火台の価格は、メーカーや形状によって当然違います。

王道のスノーピークの焚き火台、人気のLサイズなら2万円超え。

スノーピーク(snow peak)
¥27,280 (2019/11/20 18:23:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

コスパが高いキャプテンスタッグの焚き火台、約6000円。

 

今回紹介している「BAGUS」のメッシュシート焚き火台、2500円!

まつり
『ネタにもなるし、買ってみるか!』と迷わず購入しやすい価格のため、すぐにクリックしてしまいましたね。

 

このタイプの焚き火台は、おそらくユニフレームが最初に販売していたはず。

本家の価格は5000円を超えますが、重量が驚きの490g。おそらく、この手の焚き火台ではダントツの最軽量でしょう。

類似品が出ていることを考えれば、やはり良い商品なんでしょうね。

 

脚が折りたためて、コンパクトになるタイプ。

まつり
自転車やバイクで、ツーリングキャンプする人には人気ありそう。

 

五徳があれば、焚き火+料理も可能。

メッシュシートの焚き火台だけでは、やかんや鍋を載せることは難しいです。

お湯を沸かしたり、料理も楽しむ際には、メッシュシートのサイズにあった軽量の五徳を準備しておくといいですね。

 

ここまで紹介しておきながら、『先に見つけておけば、コレを買った!』というメッシュシートの焚き火台を見つけてしまったのです。

トライポットと一体化した焚き火台。

DOD好きの私は、いずれ購入するでしょう(笑)。

 

さいごに

メッシュシートの焚き火台を紹介してみました。

私が何度か使っているのを見て、絶賛している友人も数名いましたね。

  • 軽量
  • 設営撤収が簡単
  • 価格が安い

と、3拍子揃った焚き火台。1つ持っていると重宝しますよ。

まつり
風除けにもなるステンレス板に囲まれていないため、横から写真撮るとインスタ映えもしそうですね。今度バシバシ撮ってみましょうかね。

では、素敵なアウトドアライフを!