ロープの結び方は、ロープワークの本ではなく、ブッシュクラフトから学ぶといいよ。




まつり
こんにちは!まつり(matsuri06)です。

先日、アウトドアに興味関心のある友人から、こんな質問をされました。

『ロープワークを覚えたいんだけど、オススメの本ある?』

覚えたい理由を聞くと、こう返ってきました。

『だって、さらっとロープワークできるとカッコイイでしょ!』

うん、確かに。キャンプなどで、ロープを巧みに操れるとカッコイイですね。

 

では、この質問をしてきた友人に、私はどんな本をオススメしたか?

これです。

まつり
これからアウトドアの技術を身につけようと思う人に、ピッタリの本です。

ロープワークを覚えたいという、アウトドアに興味関心のある友人。彼にロープワークの本ではなく、「ブッシュクラフト」を紹介した理由が2つあります。

  1. ロープワークは、多く覚える必要がない。
  2. ロープワーク以外の技術にも、興味が持てる。

では、2つの理由を詳しく見ていきましょう。

 

ロープワークの種類は、たくさん有り過ぎる

『ロープワークを覚えておくとカッコイイ!よし、覚えるぞ!』と意気込んで、ロープワークの本を購入したとしましょう。

まつり
これ、私が初めて購入したロープの本です。

家のどこからか短いロープを探して、本を見ながら最初は練習するんですよね。

しかし、少ししたら練習しなくなります。そして、せっかく購入したロープワークの本は、本棚から出てこなくなります。

なぜか?

それは、ロープワークの本は、紹介している種類が多すぎるんです。丁寧に用途別に紹介してくれていますが、残念ながら多くの人が全部やってみようとするわけです。当然覚えることができません(笑)。

まつり
このパターンの人、結構多いはずです。実は私もその一人でした(笑)。

最初に触れるロープワークの種類は、少ない方がいいのです。

『とりあえず最低限のロープワークを学びたい!』という人は、「これだけは覚えておきたい!ロープワーク●●選」みたいなサイトを見て練習し、興味を持てば本を購入するのがいいですね。

 

ロープワークはどこでも練習ができます。2mほどのロープをカバンに忍ばせておくと、外出時でも遊び感覚で練習できますよ。

 

ちなみに、この本は11種類のロープワークが紹介されています。初心者はこれだけで、十分お腹いっぱいになるでしょう。

 

ロープワークは、アウトドアの3大スキルの1つ。

アウトドアに興味のある友人は、こう言いました。

『だって、さらっとロープワークできるとカッコイイでしょ!』

これはロープワークに限らず、火や刃物についても同じことが言えますよ。

暖を取れるように焚き火を準備できたり、木や竹を削って食器や焚き付けになるフェザースティックが作れるとカッコイイです。

アウトドアの3大スキルは、「ロープワーク」「火」「刃物」ですからね。どうせなら、覚えておくとカッコイイが詰まった本を1冊持っておくといいでしょう。

まつり
ロープワークばかり練習していると飽きちゃいます(笑)。火や刃物の扱いも一緒に学ぶと、アウトドアの楽しみ方が広がりますよ。

 

さいごに

「仕事で専門的にロープワークを覚えなければいけない。」という人は、ロープワークの本を購入した方がいいかもしれません。

しかし、『だって、さらっとロープワークできるとカッコイイでしょ!』くらいの人には、ロープワークだけを取り扱った本は必要ないのです。

それよりも、アウトドアを楽しむ要素が詰まった本を選んだ方が、あなたが想像する「カッコイイ!」に近づきますよ。

まつり
キャンプなどに「ブッシュクラフトマニュアル」を持って出かけると、ロープワークはもちろん、焚き火の方法や刃物の使い方など、いろいろ試したくなりますよ。

では、素敵なアウトドアライフを!

【キャンプで役立つロープワーク】物を吊るすときに使うと超便利!

2017.10.13