焚き火台の下に置く「スパッタシート」が、キャンプ場の芝生を救う。




三度の飯より焚き火好き、まつり(matsuri06)です。

キャンプ場のルールを利用者が守らず、キャンプ場が閉鎖されるニュースをたまに見かけます。

ゴミの放置や芝生での直火、管理スタッフが常駐する有料キャンプ場ではなさそうですが、無料キャンプ場の多くはこの問題に直面していそうです。

私がよく利用するキャンプ場「田ノ浦野営場」も、そのひとつでした。

 

焚き火台で焼ける芝生

芝生広場が気持ちいい田ノ浦野営場。

 

キャンプ場の各所に設置されはじめた「直火焚き禁止」の看板。

 

中に入って観察すると、芝生が焼けた跡を発見。

 

あちらにも、こちらにも。

 

これらは芝生の上で直火焚きをした跡ではなく、焚き火台の熱による焼け跡です。

芝生の上での直火焚きは禁止しても、焚き火台の種類によっては、熱が芝生に伝わり焼けてしまうわけです。

これはキャンプ場のルールは守れていますが、マナーの問題かもしれません。

 

焚き火台の熱による芝生焼けには、管理スタッフが頭を悩ませていることを私は直接聞いていました。

だから今後は、芝生を傷めない焚き火マナーが普及していけばと考えています。

 

焚き火台の下には、スパッタシート

そこで登場するのが、耐火・防炎性能に優れるスパッタシート。

 

今回はAmazonで2018年スパッタシート部門第1位を獲得した、「ICHIFUJI」スパッタシートの性能を確認してみました。

サイズは1m×1m。

セッティングは簡単で、ただ広げるだけ。

 

そして、スパッタシートの上に、焚き火台をセットします。42cm四方の焚き火台を置いても、周囲に余裕があります。

 

そして、1時間ほど焚き火をしてみました。

 

焚き火をし始めて、すぐに気づいたこと。それは今回使用したメッシュシートの焚き火台の下は、あまり熱くならないため、『この性能テストは意味がないのでは?』と思ったことです(笑)。

まつり
焚き火台のチョイスを間違えたきん。

 

そんなことを思っている横で、焚き火は進行中。

スパッタシートの性能テストのためか、薪の一部が爆ぜてスパッタシートの上に落ちました。

 

爆ぜたカスが燃え尽きるまで放置してみました。

しばらくして取り除くと、薄く焼けた跡。穴は空いていません。

 

1時間の焚き火終了。

 

焚き火台をよけて確認。爆ぜた薪で焼けた跡が数カ所ありました。

 

問題はスパッタシートの下です。

スタッパシートが1番焦げていた箇所を、恐る恐るめくって確認。

 

芝生は熱で焼けていませんでした。

さすが溶接用保護具として使われているだけのことはあります。

 

使用後は、付属の袋に入れて、他の道具を汚すことなく撤収できます。

 

風が強くてもめくれないスパッタシート

煙の流れからも分かる通り、この日そこそこ風が強く吹いていました。

 

スパッタシートがめくれて、焚き火にかぶさる心配をしましたが、めくれるどころか微動だにしませんでした。

重量が898gあり、なかなか重厚な作りです。

万が一めくれるような強風が吹いていても、ハトメがあるバージョンであれば、ここにペグを打ち込めば万全です。

まつり
このスパッタシートがめくれるような強風の日には、焚き火をすることはないきん。

 

さいごに

焚き火台の熱による芝生焼けを防いでくれる「スパッタシート」を紹介しました。

スパッタシートはメーカーによって、色やサイズが違います。

使用する焚き火台の倍以上のサイズを選んでおくと、爆ぜた薪による芝生焼けの心配もなくなるでしょう。

焚き火台に限らず、キャンプで使用する薪ストーブの下に敷くアイテムとして必携になりそうです。

まつり
細かいことですが、スパッタシートを使用することで、キレイな芝生広場でキャンプができるきん。

では、素敵なアウトドアライフを!

香川県東かがわ市のキャンプ場「田の浦野営場」。無料で広い芝生広場が使いやすいよ。

2018.12.05