『アウトドアの仕事って一体何やってるの?』と、よく聞かれます。マニアックな事例を紹介。




まつり
こんにちは!
まつり(@matsuri06)です。

フリーランスで仕事をしていると、『一体どんな仕事しているんだ?』と聞かれることが多々あります。

しかも、よく耳にするシステムエンジニアやイラストレーターではなく、アウトドア関連のフリーランスですからね。

最近、SNSで『アウトドア関連の仕事を始めたい!』という人を見かけるようになりました。参考までに私のことをつぶやいたことをきっかけに、記事にしておこうと思ったわけです。

収入の多少関係なく、分類すると主に4つの活動ですね。

 

『これから、アウトドア業界で飯食っていくぞ!』という人。

これからの未来に王道モデルなんてありませんが、『へー、こういうのもあるんだ。』くらいで、どうぞ読み進めていってください。

 

1 研修講師(アウトドアスキル、ファシリテーションなど)

アウトドア活動に関わる指導者は、様々な研修で知識や技術を身に付けています。これらは官公庁・民間団体が主催していることが多く、その研修に講師で呼ばれますね。



研修内容は、次の3つが多いです。

  • プログラムデザイン(体験プログラムの作り方)
  • コミュニケーションスキル(参加者との接し方)
  • アウトドアスキル(刃物、火、ロープ)

「参加者に技術を伝える」というよりは、「参加者が学ぶ場を作る」感じですね。

ツリークライミングの講習会も、研修講師の部類に入りますね。

 

2 自然体験活動提供(キャンプのディレクション、ツアーガイドなど)

アウトドアが好きだと、よく言われること。

『1年中キャンプしているんですよね。』

いや、そんなにしていませんから(笑)。

キャンプのディレクション

昔は1〜2回/月のペースでキャンプの仕事をしていました。今は子どもを対象にしたキャンプに年に2〜3回ほどディレクター(現場責任者)として、関わっています。

その1つがこのキャンプです。

ひろしま自然学校のキャンプが、やっぱり楽しい!13泊14日の子ども長期キャンプ。(夏の分校1/2ヶ月@広島県北広島町)

2017.08.25

大人向けは、気が知れた仲間と不定期開催するくらいですね。

イノシシ肉をメインとした島の食材を料理人と一緒に楽しんだ2日間は、予想どおり贅沢の極み。(うまいもんキャンプ@愛媛県大三島)

2017.07.21

ツアーガイド

参加者がフィールドの自然を楽しめるよう、遊び方を提供して一緒に楽しむツアーを実施しています。

よくある観光ガイドのように、『この建物が○○です。建てられたのは・・・』と、目に見えるものを説明するガイドではありません。

知識提供型ではなく、体験提供型のガイドですね。

2018年に立ち上げた法人では、ツアー開発の依頼を受けることもあります。

一般社団法人かがわガイド協会

3 フィールド整備(ツリークライミングを活かした高木伐採や剪定)

自然体験を提供するフィールドは、ある程度安全が確保されたフィールドを使用します。危険だらけのフィールドには、行きたくありませんよね。

地上の危険因子は取り除けても、樹上の危険因子は取り除けない人がほとんどです。そこで、ツリークライミングの技術を活かして、木に登って作業をすることがありますね。

高所作業車が入れない場所でのフィールド整備の際、とても重宝されます。

枝打ちした「200年生のスギ」は、国の指定文化財に使われるかもしれない!?

2017.12.07

自然体験のフィールドに使わずとも、個人宅や神社からの相談もちらほらありますね。

まつり
この事業は、フリーランスになる前にツリークラミングに出合った時から、視野に入れていたんです。

4 その他

1〜3は収入ありきの活動が多いですが、そうではない活動もあります。

つなげ役をすると、広がるネットワーク。

自然体験フォーラムやアウトドアイベントなどの実行委員もしています。業界の裾野を広げて、文化を作っていこうとする活動は、人的財産が増える楽しさで関わっています。

まつり
異分野の人とつながる機会でもあります。写真は、ずっとセッションしたかったダンサーのカタタチサトさんと、身体表現ワークショップ中。

情報発信から得られる知的財産

2017年から始めた、このブログ。1年運営してみて、数百円〜千数百円/日の広告・物販収入があります。

ブログ運営に充てた時間を時給換算すると、鼻血が吹き出るほど大赤字です(笑)。

しかし、ブログ運営を通して得た情報や習慣は、お金に変えられない知的財産となりました。ブログを通して繋がった人も数多く、人的財産ももちろんありますね。

まつり
今のところ収入としては微々たるものです。しかし、1年後には増えていますからね、きっと。ふふふ。

いかがでしたか?

フリーランスでアウトドアの活動をする、私の収入源を紹介してみました。

私は1つの事業に専念せず、自分が「好きな分野・得意な分野」を増やして、楽しみながらやっています。

『アウトドア業界で飯を食べていくなら、こんな手段があるよ。』と紹介してくれている本もあります。

¥9,574 (2018/12/12 06:16:55時点 Amazon調べ-詳細)

本の事例の中から、「好きな分野・得意な分野」を見つける。そして、それらを掛け合わせて活動を始めるのも、ありかもしれませんね。

まつり
この記事を書いていたら、次の「好き」を見つけたくなってきました!

では、素敵なアウトドアライフを!